フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「国分寺市」の記事

2019年5月 9日 (木)

涼しげにシライトソウ@殿ヶ谷戸庭園・国分寺市

 武蔵国分寺でジャケツイバラを見たあと殿ヶ谷戸庭園に寄りました。

出迎えてくれたのはシライトソウ。

Img_0894

不思議な花です。

細長いのは花弁です。

茎まで白くなってる。

ユリ科シライトソウ属。

山地で見られるようですが、見たことがありません。

Img_0877

どういう作りになってるのでしょう。拡大してみました。

花弁は6枚あるんですが、うち2枚はとても小さいので確認できません。

4枚の花弁は同じ方向に伸びてるようです。

別の花は別向き。

これを繰り返して左右に糸状に伸びてる。

ご丁寧に茎まで白くなってます。

緑の中の白は目立つので、真っ白になって昆虫を呼んでいる。

茎から出ている凸が雄しべ。

花柱は3裂してるらしいが、どこにあるのか。

Img_0884

毎度おなじみカラスビシャク。

ユーモラスな姿が好きなんです。

サトイモ科ですから付属体の下の方に雄しべと雌しべがあります。

子供のころはあちこちで見かけたんですが、保護されたところ以外では数が減ってます。

Img_0901

ニガナが池の周りで勢いを増してます。

どれくらい苦いのか。かじってみようかな。

沖縄ではいろんな料理に使うようです。

栽培品で苦味を抑えてるのかな。

 

2019年5月 7日 (火)

まっ盛りだよジャケツイバラ@武蔵国分寺

いつ見ても見事だねえ。

境内のカーポートの屋根を覆い尽くしたジャケツイバラが8、9分咲き。

去年偵察に訪れたのは4月23日。暖冬で早まるだろうと予測したらどんぴしゃり満開でした。

Img_0847 

今年も連休前に訪れたんですが、まだつぼみ。

ちょっと遅いかなと連休最後の6日に心配しながら再訪。

ちょうど見ごろ。

Img_0854

武蔵国分寺跡に武蔵国分寺というお寺があるんです。

そこの境内。

ジャケツイバラが絡まると木が枯れてしまうので、伐採してしまう。

ここはカーポートの上なので伸び放題に任せてます。

Img_0841

マメ科ですが蝶形花とは少し違います。

花弁は5枚で上の1枚が小さい。

赤い網目状の模様があります。蜜標でしょう。

昆虫に蜜のありかを教えてます。

赤いのは雄しべ。雌しべは雄しべに囲まれて見えにくい。

Img_0860

オダマキが咲いてました。

境内には万葉集に登場する植物を集めた万葉植物園があります。

お鷹の道から国分寺跡は散歩コースにもなっているので次々に観光客が訪れてます。

近くに日本茶カフェもできてました。

 

 

 

 

2019年4月26日 (金)

ヒメシャガ 、キバナノホウチャクソウなど希少種が花盛り@殿ヶ谷戸庭園・国分寺駅前

1年ぶりに殿ヶ谷戸庭園。国分寺駅南口から徒歩3分。武蔵野の面影を残した都立の庭園です。

もとは岩崎家の別荘で国分寺崖線からの湧水を利用した回遊式の林泉庭園。

Img_0224

湧水の近くにヒメシャガがひっそりと花開いてます。

シャガは古い時代に中国から渡ってきたものですが、こちらは国産。

シャガは高尾山の6号路などに延々と見られます。

根がしっかり張るので崖崩れ防止などのために植えられたんでしょう。

これに比べてヒメシャガはあまり見かけない。準絶滅危惧種です。

シャガよりも小型で葉も細い。

花もうすい紫色。たおやかと言ったらいいのでしょうか。

近所の公園にも植えられてたんですが、いつの間にか消えてしまった。

暑さに弱いんでしょうか。

Img_0184

おや珍しいキバナノホウチャクソウ。

大陸系の植物で日本の自生地は対馬の1か所だけ。

当然、絶滅危惧種のⅠ A類。

Img_0190

クマガイソウも。

日本のラン科植物ではアツモリソウともに最大の花です。

ふくらんでいるのは唇弁で、これを武者が矢よけに背負った母衣とみて熊谷直実の名を当てた。

アツモリソウは平敦盛。

葉の形が異なって、クマガイソウは団扇のように広がってます。

Img_0211

ふと見ると見慣れない白い花。

事務所で聞いたら女性の方がイチリンソウだという。

葉が違うと再考を求めてたら奥から男性が出てきて「はっきり同定できてないんですよ」

「でもサンリンソウじゃないかと」

花柄の根元から出ている葉に葉柄があるのでサンリンソウでしょう。

岩崎家の別荘だったころ、お手伝いさんがいろいろな植物を植えたんだそう。

それが残って花を咲かせてる。

Img_0228

こんな庭園です。

東屋から池を見下ろしてます。

 

 

 

 

 

2018年11月22日 (木)

野川の源流をたどる@日立中央研究所の開放日

塀の外がどうなってるのか、確かめるのも目的です。

塀の外はシャバですが、そっち方面ではなくて野川がどう流れているのか。

Img_6112

研究所の大池です。

何カ所かの湧き水がここに流れ込む。

白鳥が泳いでいて子供たちが歓声をあげてました。


Img_6110

池の水は南側から流れていきます。

かなり勢いがいい。

奥にコンクリート塀があるんですが、わかりづらいですよね。

塀の外からが野川ということになるのかな。


Img_6126

では研究所を出て塀の外を見てみましょう。

左が研究所。右が中央線。

坂下に流れがあるんですが見えません。

流れはトンネルを通って中央線を潜っていて、その先で姿をあらわします。


Img_6131

塀沿いに西国分寺方面に歩いて行ったら池がありました。

姿見の池。

このあたりは鎌倉街道の宿場町だったんです。

湧水や恋ケ窪用水が流れ込んいた清らかな池でした。

遊女たちは朝な夕なに姿を映していたというので姿見の池。

坂東武者の畠山重忠と遊女の悲しい伝説も伝えられています。

この池もかつては野川の源流だったが、昭和40年代に埋め立てられてしまった。

1998年に緑地保全地域として池も整備されました。

Img_6134

再び研究所近くに戻ります。

奥が研究所。

流れが顔を見せました。

河川法ではここから野川というんだろうか。

再び道路を潜るとコンクリ護岸の川になります。

国分寺市側はずっと護岸されてますが、小金井市に入ると土手になり桜並木が続きます。

この先は深大寺南などを通って二子玉川で多摩川に注いでます。

全長約20キロ。

2018年11月21日 (水)

ハケの湧き水に行列@日立中央研究所の開放日

中央線下りで国分寺駅を出てすぐ、右側を見ると深い森が見えます。

日立中央研究所です。

春と秋の2回、一般に開放してます。18日に出かけてきました。

Img_6080

いつもながらのにぎわい。警備をしていた人によると大体7000〜8000人が訪れるという。

門を入ってすぐに、こんな景色です。

深い谷に橋がかかってます。

その昔の武蔵野の原生林が手付かずで保存されてます。


Img_6121

広場にはテントが張られいろんな売店が出ています。

午後、ゆっくりだったので国分寺野菜は売り切れ状態。


Img_6087

ハケ(国分寺崖線)を下ります。

大昔の多摩川が武蔵野台地を侵食してできたガケです。

高さは10〜15㍍、全長約28㌔で世田谷区の等々力渓谷まで続いています。

このガケの湧き水を集めているのが野川です。

Img_6094

ハケの下には湧水が何カ所かあります。

水源には行列ができています。

30人くらいが絶えず並んで湧き出したばかりの水に手をひたしてました。


Img_6095

水量も多い。

豊水期で500㍑/分、渇水期で200㍑/分。

研究所全体では豊水期10000㍑/分、渇水期400㍑/分。

この湧き水は冬でも枯れないで水量も多いようです。

研究所の湧き水は大池に流れ込んでから野川となって流れていきます。


2018年4月25日 (水)

なんと黄色いホウチャクソウが、ヒメシャガも@殿ヶ谷戸庭園・国分寺

金色に輝くジャケツイバラを見た後は国分寺駅前の殿ヶ谷戸庭園。

黄色いホウチャクソウがあるという。

絶滅危惧種のⅠ A類(CR)ですから絶滅の危機にひんしてる。

Img_1499

見たことないわけです。

園路を探しながら歩くとホウチャクソウの隣に見つかりました。

うつむいて、はにかみながら咲いてます。

シベが2本突き出てます。

左側の2本は花弁が散ってシベだけ残っている状態。

キバナホウチャクソウ。

ホウチャクソウの花はうす黄緑で目立ちませんが、こちらはすぐにわかります。

大陸系の植物で日本では対馬の1カ所で自生が確認されているだけ。

もともと希少種なんですね。


Img_1494

ヒメシャガも咲いてます。

シャガは古い時代にやって来たが、こちらは日本の固有種。

シャガよりも小型でうす紫の花を付ける。

準絶滅危惧種です。

植物多様性センターにもあったが、いつの間にか消えてしまった。

あまり日の当たらないところを好むようです。

紅葉亭の裏の鹿おどしのそばです。


Img_1511_2

カラスビシャクが元気に糸を天に伸ばしてます。

サトイモ科ですので花の構造はミズバショウなんかと同じです。

塊茎は半夏(はんげ)と呼ばれ漢方薬に使われます。

養命酒のホームページに

「特に生姜との組合せは半夏の毒性を緩和しその効果を高めるとして漢方では良く用いられます。

鎮咳、去痰、鎮吐、鎮静などの目的で、半夏厚朴湯、半夏瀉心湯、小柴胡湯、小青龍湯、六君子湯などの漢方薬に配合される欠くことのできない重要な生薬の一つとなっています」。

とあります。

大事なんだね。


Img_1518

池のそばにコバノタツナミ。

立浪と水は相性がいい。


2018年4月24日 (火)

ジャケツイバラ(蛇結茨)が見ごろです@武蔵国分寺

今年の開花は早いだろうと、久しぶりにお鷹の道。

平日の曇天ですがあちこちから散歩に訪れる人が多い。

西国分寺から復元された東山道武蔵路を下って国分寺史跡、小川が流れるお鷹の道を散策。

殿ヶ谷戸庭園にも寄って国分寺駅から帰るんでしょうか。

Img_1474

お目当てはこれです。ジャケツイバラ。

蛇がとぐろを巻いて絡み合ってるようなので蛇結。

トゲがあるのでイバラ。

マメ科です。


Img_1480

ちょうど見ごろを迎えてました。

武蔵国分寺の境内、カーポートの上をジャケツイバラが覆ってます。

金色に光ってます。

訪れた人たちも思わぬ光景にびっくり。

仏の功徳というか、西方浄土に迷い込んだかのよう。

「2、3日前から急に咲き出したんだ。その前に来た人はなんだまだかとがっかりして帰ったけど」

と、お寺の墓地の販売案内をしていたおじさん。


Img_1483

少しアングルを変えました。

後ろの神社の杜の緑と対比させると金色が際立つでしょ。

「高尾山だとモミの大木に絡みついて金色のクリスマスツリーになる」

おばちゃん2人に説明してたら「どこで見られるの」

目の色が変わりました。

日影林道、あるいは蛇滝コースとお教えしたけど、裏高尾はご存じないようでした。

高尾山の見ごろは2、3週間後になるでしょう。


Img_1488

武蔵国分寺跡は随分と整備されてました。

中門の前から金堂の台座を眺めたところ。

広々して気持ちいいなあ。


2016年1月11日 (月)

野川の源流の1つ新次郎池@東経大構内・国分寺市

小金井の貫井神社近くに用事があったのでJR国分寺駅から徒歩。

殿ヶ谷戸庭園に寄ろうと考えたが思いなおして新次郎池に変更。

Dscn0377

野川の源流の1つです。

東京経済大学の構内に豊富な湧水があります。

もっと上流では日立中央研究所、お鷹の道などの湧き水が流入。

ここも「東京の名水57選」に入ってるのに訪ねたことがなかった。

高校同級生の家が近くで何度も通ってますが、その頃は関心もなかった。

守衛さんに断わって入れてもらうのかと思ったら公開地で自由に入れます。

なるほど。国分寺涯線の下から地下水が流れてる。

北澤新次郎学長時代(1957〜1967)に池として整備したので新次郎池。


Dscn0385

湧き水は小川となって道路沿いを流れてますがすぐに野川に注ぎます。

この間、100メートル足らず。野川では小サギやカモがゆったりしてました。

確か友人の家のすぐ前を流れてたはずなのに流れが変わってます。

友人によると、たびたび氾濫するのでまず住宅地をかさ上げ、その後、流れを緩やかなカーブにして蛇行か所を埋め立てたそうです。

確かめてみましょう。向こうの橋の手前です。

昔の流れが埋め立てられ、「湧水の道」になってます。

湧水の道の前に友人の家がありました。これで納得。

友人宅ではお世話になった友人の母上のしのぶ会の相談。

桜の季節に行うことになりました。


Dscn0373

新次郎池の近くではオオイヌノフグリが。

ブルーが出てませんね。カメラのせいです。

実際はもっと青くてお星様みたいです。

近くにはフキもいっぱい。

小川が流れて適度な湿り気があってるのでしょう。

もしかしたらフキノトウ、探してみましたがまだでした。

横浜の方じゃ、もうフキ味噌を作ったなんて話も聞きました。

早く出てこないかな。


2015年2月 7日 (土)

10分の1でも見上げるよ・武蔵国分寺七重塔復元模型@国分寺お鷹の道

久しぶりにお鷹の道散歩。湧き水がつくった小川が気持ちいい。

Img_1884

緑の中に赤いのが目立ちます。

じっくり見てないので武蔵国分寺跡資料館に入ってみましょう。

庭に建てられてます。

奈良時代の人々はびっくりしたろうなあ。

天平13年(741)の聖武天皇の詔によって諸国に建てられた国分寺の七重塔。

武蔵では最初に七重塔が造られた。

高さ60㍍。はるか遠くから望めたでしょう。

こんなものを建てる大和朝廷の威力をまざまざと見せつけられたわけです。

南の府中には国府が置かれた。

人々が暮らしていたのは竪穴住居。

こんなのを見せられてはおとなしく年貢を納めるしかないね。

模型は市内の棟梁が復元模型設計書をもとに10分の1の縮尺で製作。

市役所旧庁舎前に置かれていたが、平成24年にここに移設された。

Img_1893

「関東地方でもっとも古い」という白鳳仏。

銅造観世音菩薩立像で古代の東山道武蔵路から発見された。

法隆寺の夢殿観音、六観音に類似しているので、白鳳時代後期(7世紀末〜8世紀初頭)の制作と考えられている。

さらに「現在、関東地方で知られている白鳳仏の中でももっとも古い像」と説明がある。

深大寺の釈迦如来倚像も白鳳だ。

それよりも古いということか。

国分寺が置かれる前にすでに都の文化を伝える人がここらに住んでいたんでしょうか。


2014年9月29日 (月)

ここにもあるぞキレンゲショウマとカラスビシャク@殿ケ谷戸庭園・国分寺駅徒歩2分

ラジオを聴いてたら「殿ケ谷戸庭園で野草観察会」と告知してた。

殿ケ谷戸は久しぶりなので参加しましょう。

Dsc07779

もとは岩崎家の別荘。

開発計画があったが住民運動で庭園として保存されました。

そんないきさつはこちら

定員30名なので1時半の30分前には到着。

案内してくれるのは植物多様性センター(神代植物公園)の職員さん。

予定していた人が病気だかで急きょ、呼ばれたようです。

萩のトンネルをくぐって萩の見分け方などを教わりつつ園内一周。

アカマツとクロマツの違いなんてのも。

細い葉に手のひらを当ててみて痛くないのがアカマツ。

ホントだ。知りませんでした。


Dsc07784

ここにもレンゲショウマがかなりの数、植わってる。

来年は見にきてみましょう。隣にキレンゲショウマ。

まだつぼみが残ってます。

神代植物公園のは、もうぽろっと落ちてるのに息が長い。

でもきっと花は開きません。

おそらくこの状態で役目を終えてしまう。

高山の植物なので平野では条件が揃わないんでしょう。

調布の野草園のも半開きでおしまいです。

ちゃんと開いたのを見たいもんです。

カラスビシャクもいっぱいあって初夏にはあのユーモラスな花が見られるようです。

20日のことでした。


2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31