フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「芸能・アイドル」の記事

2010年9月29日 (水)

寄席でたっぷり落語にひたった・池袋演芸場

友人と池袋演芸場に行ってきた。久しぶりの寄席、馬鹿笑いはしなかったけど、堪能して帰りがてらの酒もうまかった。

この日(29日)は開園時間が午後2時と遅かった(いつもは午後零時半)ので2000円と割安料金。それでも5時過ぎまでたっぷりと落語を聞けるのだから安い。

《池袋らしい場末の雰囲気の中にある演芸場》

Cimg0937

池袋駅西口を地上に出て徒歩1分。けばけばしい通りの小さなビルの地下が演芸場だ。こぢんまりしていて小劇場の趣。落語を楽しむには最適、というより贅沢な環境だ。

キャパは100もない。雨のせいか、ほぼ3分の入り。出てくる演者が一様に寂しそうな顔をする。落語ブームはホールや独演会に限られているのか。

これで色物も含めて10組が出るのだから割り(ギャラ)はボランティア並みだろう。

割りは入場者数によって支払われるので、入りが悪いと少なくなる。2000×30=60000、これを10で割ったら?

1時45分になったら開演前だというのに若い衆が1人出てきた。そうだ、そうだ、前座があるんだった。その名は三遊亭ありがとう。師匠の歌之介の趣味のようだ。一番弟子を「ありがとう」にして、二番弟子を「ございます」とつけるのだと張り切っているらしい。


《切符売り場》

Cimg0932

三遊亭天どん「粗忽長屋」、三遊亭窓輝「ぞろぞろ」と進んで、9月に二つ目になったばかりの柳家緑君が「たらちね」。

緑君でろっくん。まだ21歳。昔は30を前にして前座なんて人がたくさんいた。今はどうだか分からないが、かなり若い二つ目だろう。平成生まれで初の二つ目だそうだ。

なかなか達者だ。場数を踏んでいけばいい噺家になるだろう。

中入り前は三遊亭吉窓の「本膳」。このへんから素直に楽しんでいる自分に気づく。

みんな古典をしっかり聴かせてくれるのがうれしい。

古今亭菊太楼が「家見舞い」、古今亭菊之丞は「天狗裁き」。自分の見た夢を女房に話さなかったことから、隠し事をしてると喧嘩になり、隣の兄貴分が仲裁に入り、さらに大家も出てきて、お白洲に訴え出る騒ぎに。そこでも奉行が怒りだして縛られてしまう。さらに天狗まで登場と、ささいな夫婦喧嘩がシュールな展開に。

どうなることかと身を乗り出してました。

                        《入り口は喫茶店の横》

Cimg0931

トリは三遊亭萬窓が人情噺「柳田格之進」の一席。

正直者の格之進は、それが災いして長屋暮らしの浪人。両替商と気が合い、離れの座敷で碁を楽しむ。ところが50両がなくなり番頭が長屋に確認にくる。

このまま出てこなければ訴え出るという番頭に格之進は「あしたまでに50両を用意する」ときっぱり言って、どこからか工面してくるが、それから行方知れずになってしまう。その折り、番頭は「50両が出てきたら番頭と主人の首を差し上げる」と約束、年末の大掃除で額の裏から50両が…。

もとは講談なので、笑いの要素は少ないが、どんどん引き込まれていく。たっぷり45分、聴かせてもらいました。

前座から終わりまで約3時間半、あっという間だった。ほどよく笑って心が軽くなった。

2010年9月21日 (火)

オカリエとNHK「おもしろゾーン」解体&ラジオ版「ブラタモリ」

10月の番組改編でNHK日曜夜の「おもしろゾーン」が解体される。

「50ボイス」は既に終了、安手だけどディレクターの狙いが1点に集中しているのでストレートに伝わる「20min」は午前零時からに変更、最もNHKらしくない「東京カワイイTV」は土曜の午後11時に引っ越しだ。

「おもしろゾーン」については、7月26日で取り上げました。こちらをどうぞ。

19日の「東京カワイイTV」でオカリエを知った。以前にも「読モ」の一人として、同番組に出たことがあるらしい。でも司会の沢村一樹はすっかり忘れてます。

彼女の名札を見て「おかえりじゃないんだ。オカリエなんだ」と、もう完全におっさん。ボケではなく地なんです。この番組の沢村は素人に戻ってる。毎回、知らないこと、新しいことだらけで、突っ込み方も分からない。

製作者サイドの狙いもそこにあるようだ。おっさんの戸惑いを引き出したい。それは私みたいなアラカンの目線と同じ。

オカリエは人気ブロガー。渋谷にショップをオープンしたら、なんと700人が行列、彼女が通うネイルサロンや美容院も人気になっている。

ブログは何と11億ビュー。多分、1年くらいの数字だ。このブログは半年で2万弱、気が遠くなるほどの差だ。

(写真は文章とは関係なく、20日敬老の日の深大寺門前。にぎわってました)。


▼鬼太郎茶屋


Cimg0862


オカリエは、スッピンからはじめて化粧法をブログで紹介している。テレビでもスッピンをさらし、それを携帯で撮り、化粧のポイントごとに写真に収めていく様子を映し出していた。これが受けて、オカリエってかわいいが増殖していったらしい。

おかしかったのがオカリエの両親。読者モデルの頃、小さく載っている雑誌を広げて、「これじゃない」「これは違う」「やっぱりこれだ」と実の娘を捜すのにひと苦労してた。

父親曰く。「みんな同じ化粧だから分からない」。同感です。なんてったって、グループ(コンビ、トリオでも)名前と顔が一致したのはキャンディーズまで。ラン、スー、ミキ。古いね。おニャン子はソロになってから分かるようになった。

本名松岡里枝。


もう一人紹介してたのがKAIくん。「東京カワイイ」に出たのがきっかけで夏木マリのステージ衣装のデコを頼まれた。

確か美大の学生で、彼曰く「非実用的」なデコが斬新。

若者たちの全く新しい世界がこの番組には詰まってる。いい年のおっさんでも、見てるだけで楽しい。円高だ、日本沈没だと騒いでいるよりも、産業構造の変革はこんなところにヒントがあるのかもしれない。

▼深大寺門前の賑わい

Cimg0860

土曜の11時は教育で「新ビバリーヒルズ青春白書」を見てたが、ちょうど終ったので良かった。

それにしてもすごいところで終わるもんだ。アニーは、アフタープロムパーティーで高校生が飲酒していることを警察に知らせてしまう。誤解からヤケになってのことだけど、これは許されない裏切りだ。一家は破滅だ。次のシリーズはいつ始まるんだ。

それにしてもアメリカのテレビドラマはテンポがいい。余計な説明は省いて、シーンの積み重ねでストーリーを展開させていく。くどくど説明する日本とは大違いだ。


Cimg0858

◀山門下のそば屋も繁盛

                   □

                   □

                   □


                   □


                   □


                   □


                   □


                   □


                   □


                   □


Cimg0867


◀深大寺城跡のそば畑、白い花が


これからラジオ版の「ブラタモリ」を聴きます。

10月7日、テレビの「ブラタモリ」復活です。アナウンサーは前シリーズと同じ久保田祐佳なのか。タモリが「おや」と興味を示すことを全く知らなくて、いいコンビだった。

慶大出だけど、おっさん的な知識はゼロ。この落差が絶妙だ。

この間、夕方や午後7時のニュースに出てて忙しそうなので、他の女子アナになったらつまらない。

ラジオでどんな散歩をしたのかの報告はまた今度。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30