フォト
無料ブログはココログ

« クモキリソウ、マタタビの雌花@高尾山・花めぐり | トップページ | ビジャ、イニエスタの超一級のシュート@学んでほしいテクニック »

2019年7月 1日 (月)

「山のソーセージ」ができるかな・ラン科のツチアケビ@高尾山・花めぐり

「高尾山の花時の図鑑」(菱山忠三郎、主婦の友社)の「ラン」の項をながめていると強烈なのが目に入ります。

まるで真っ赤なウインナソーセージがぶら下がってる。

異様です。

名前だけはすぐに覚えてしまいました。

ツチアケビ。

Img_2684

富士道の途中で週2、3回は高尾山に通っているという方とご一緒になりました。

この日も早朝から登って小仏城山から引き返してきたそうです。

6号路でキバナノショウキランを8カ所で確認した方です。

「あそこを見て」

のぞき込むと図鑑で見たランです。

3株あります。

近づけないのではっきりとわかりませんが、まだつぼみのようです。

花は黄褐色で唇弁は黄色い。

とっても不思議な感じに咲きます。

8月の旧盆ころに真っ赤なウインナソーセージをつけます。

こちらでご覧ください。

Img_2680

茎もつぼみもトゲトゲだらけです。

さわると痛そう。

この様子からエビガライチゴ。

エビというより毛ガニですかね。

果実はなかなかおいしいそうです。

Img_2665

6号路と3号路の分岐でお茶してたら、ウメガサソウの場所を教えたお礼の情報交換。

「ちょっと脇道に入ったところ」

木の裏に隠れて咲いてました。イチヤクソウ。

ちょっと遅いかな。新鮮なのは来年にとっておきましょう。

後日、花友と話してたら「ムヨウランを近くで見られた」とスマホを見せてくれました。

至近距離のアップでシベもバッチリ。

同じコースだったんだけどなあ。これも来年の楽しみ。

ヨウラクランも同じコースにあるそうです。

花友も見つけられなかったとか。

🌺

いつまでも発見のある高尾山。来年の望みまで残してくれてます。

足腰を丈夫に保っておきましょう。

 

 

 

« クモキリソウ、マタタビの雌花@高尾山・花めぐり | トップページ | ビジャ、イニエスタの超一級のシュート@学んでほしいテクニック »

高尾山・八王子市」カテゴリの記事

コメント

ソーセイジが楽しみ

ツチアケビが猿園付近のであれば、今年は開花前に枯れたらしいので実は無理かと思います。
昨年にこちらのブログから拝島付近にホタルを見に行ったおばさんより。

Atto-Rieさん。ありがとうございます。

別の場所を探しましょう。

南高尾にあるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クモキリソウ、マタタビの雌花@高尾山・花めぐり | トップページ | ビジャ、イニエスタの超一級のシュート@学んでほしいテクニック »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31