フォト
無料ブログはココログ

« 富士山の構成要素がそろってる・武州志木宿 田子山富士塚@埼玉県志木市 | トップページ | 長雨でサガミランが豊作@水生植物園(神代) »

2019年7月10日 (水)

ただ見つめるだけ・・原爆の図 丸木美術館@埼玉県東松山市

赤ん坊を抱いた母親が乳を与えようとしている。

周りは死体の山です。

添えられた文には、こうありました。

「傷ついた母と子は、川をつたって逃げました。(略)のがれのがれて、ようやくここまできたのです。

乳をのませようとしてはじめて、わが子のこときれているのを知ったのです。」

(「水ー第3部」)

Img_2888

志木市で田子山富士塚に入山したあとは志木駅から東武東上線に乗ってつきのわ駅。

森林公園駅の1つ先です。

丸木美術館は歩いて30分。東松山駅からバスもあるんですが、なにせ本数が少ない。

歩いた方が確実です。

「原爆の図」は教科書で知ってますが、実物は見たことがない。

丸木美術館の所在地は知ろうともしてこなかった。

志木に行くんだったら丸木美術館もという立案者のすてきな計画です。

Img_2875

美術館前の原爆観音堂に丸木スマさんの色紙が掲げられていました。

スマさんは位里さんの母親で70歳を過ぎてから絵筆をとりました。

「ピカは人が おとさにゃ おちてこん」

Img_2876

美術館南を流れる都幾川。故郷の風景に似ているというので丸木夫妻はここにアトリエを構えた。

「家を失った人びとは、竹やぶへのがれていったのです。そうして次々と息を引きとっていきました。

(略)屍の片づけをする人もなく、九月に入って台風となり、たくさんの屍たちは海へ流れていきました」

(「竹やぶー第七部」)

🌔

美術館では「原爆の図保存基金」を立ち上げ寄付を募ってます。

新館建設、アーカイブの整備などにあてられます。

詳しくは丸木美術館HPhttp://www.aya.or.jp/~marukimsn/

🌕

バスの時間に合わせて退館し、東松山駅。

やきとりの街なんです。

混むそうなので「やきとりひびき 東松山本店」に予約をしてあります。

 

Pitch1

東松山市のホームページには『東松山市のやきとりは、豚のカシラ肉を炭火でじっくり焼いたものをいいます。

そして、辛味の効いた「みそだれ」をつけて食べる、これが「やきとり」なのです』。

駅中心に50軒も店があるそうです。

「ひびき」のおすすめは「かしら串」。弾力ある歯ごたえ、噛むほどに出るコクとうまみが特徴。

そして「彩の国黒豚」を使った特上やきトン串」

はじめて食べましたが、なるほどうまい。

ピリ辛の味噌との相性が抜群です。

お腹いっぱいに食べて飲んで大満足。

帰りは川越市駅で乗り換えて西武新宿線の本川越。

いいこんころもちでご帰還しました。

 

 

 

 

« 富士山の構成要素がそろってる・武州志木宿 田子山富士塚@埼玉県志木市 | トップページ | 長雨でサガミランが豊作@水生植物園(神代) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山の構成要素がそろってる・武州志木宿 田子山富士塚@埼玉県志木市 | トップページ | 長雨でサガミランが豊作@水生植物園(神代) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31