フォト
無料ブログはココログ

« ギンリョウソウ見っけ@多摩森林科学園 | トップページ | なんであれがPKなの?@身びいき判定にマチダもカッカ »

2019年6月21日 (金)

マタタビの雌花と両性花@多摩森林科学園

マタタビの花をしげしげと見たことがなかった。

具合のいいことに雌株なので雌花と両性花が同時に。

Img_2330

手前の大きいのが両性花。奥は雌花です。

両性花は雄しべと雌しべが見えます。

これに対して雌花は柱頭だけ。

花弁に見えるのはがく片で柱頭が目立ちます。

実を作るのに特化してるんでしょう。

山では葉が白くなったのはよく見かけるが、花はなかなか拝めない。

たいがい山道から遠いせいです。

ここのは目の高さで観察にはもってこいです。

Img_2359

まだコアジサイが残ってました。

顔を近づけるといい香りがします。

女の人が大きなカメラで鳥を狙ってました。

エナガだそうです。

八王子城跡のサンコウチョウの話をしたら

「人がいっぱいでしょ。今は抱卵中でヒナがかえったら行くつもり。

ここにもいるのよ。

それよりアオバズクは見ましたか」

ご親切に場所を教えてくださいました。

Img_2368

狙ってる若夫婦がいました。

「どこ?」「あの木のところ」

フクロウの仲間ですから昼間はじっとしてる。

大きさは鳩くらいだとか。

Img_2401

ヤブレガサのシベがクルンと巻いてました。

花粉がなくなったという合図なんでしょうか。

 

 

 

« ギンリョウソウ見っけ@多摩森林科学園 | トップページ | なんであれがPKなの?@身びいき判定にマチダもカッカ »

高尾山・八王子市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギンリョウソウ見っけ@多摩森林科学園 | トップページ | なんであれがPKなの?@身びいき判定にマチダもカッカ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31