フォト
無料ブログはココログ

« オオバオオヤマレンゲの純白の花@神代植物公園 | トップページ | 三内丸山遺跡からも出土・ニワトコの赤い実@植物多様性センター »

2019年6月10日 (月)

堂々としたシュート、久保に90点@マチダも合格点

久保のデビューにわいた試合でした。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんも「プレッシャーを感じずに堂々としてた」と二重丸をつけてます。

        ⚽️      ⚽️

日本2-0エルサルバドル 3点を合格点にしていました。

システムがどうあろうと、それくらい 取らないと前の試合の埋め合わせはきないでしょう?

スタートは3バック。適応テスト第2弾。永井の1トップにはいささか驚きました。

大迫頼みからの脱却。森保監督の主眼はコピーではなく、全く違うタイプ、つまり攻撃のバリエーションを増やすことなのでしょう。

中央で納めてパスを回すジャパンスタイルを守りつつ、相手によっては縦1発で仕留めるスピードでも勝負できる。

飛び道具は相手に脅威を与えます。

両サイドに伊東、原口。スピードとタフネスの走り屋を配しました。

なんと、永井が2得点(前半19分、同41)望外な?結果を生みます。

相手の後ろから走って追い抜いてマイボールにしてしまうんですからね。

とここまではよかったのですが、そのあとがいけません。

トドメの1点が決められないままでした。

目についたのは得意とする流れるようなパスワークがほとんどなかったこと。

中島がベンチだったのも影響したのかもしれません。

それにしてもです。シャドーに入った奔放児・堂安が以前より切れ味がなくなっているのが気になります。

ドリブルでも抜け出せず、シュートタイミングも悪い。いい態勢でと1歩持ち過ぎていました。

オレが、が持ち味でも少し行き過ぎているかも。

3バックとはいえ自陣からの組み立ては必要。こなれるにははまだ時間がかかりそうです。

後半途中から4バックに戻しました。大迫も投入しましたが、攻撃にリズムは出ないままでした。

このシリーズの主役が登場したのは後半22分です。

中島とともに久保君がピッチに。待ちに待った瞬間です。

プレーはもう言うまでもありません。すぐさま右サイドで魅せます。

縦パスを呼び込むと、DF2人を翻弄し左足で低いイシュート。

ちょっと正直すぎてGKに阻まれましたが、臆することなく堂々としていました。

プレッシャーなんて全く感じていない様子は頼もしいの一言です。

相手に囲まれ、ファウルを受けても倒れないバランスと強さ。やはり並外れた才能です。

オフ・ザ・ボールの時でも、いつの間にかパスの貰いやすいポジションに動いていました。

パス出しも周りが見えています。センスの塊り。これからの可能性にまたしてもワクワクしました。

代表での23分間は文句のつけようがない90点。

ゴールを決めていたら120点でした。

🌸

久保君のお披露目に目を奪われていても、肝心な点を見逃すわけにはいかない現実があります。

親善とはいえ、2試合で2得点。格下相手にですよ。

新しい波は起こっても決定力不足は昔通りです。

バーやポストに当たって入らないのは運のせいばかりではないでしょう。

U20でもあれだけ押していながら韓国の1チャンスにやられました。

どんなに内容が良くても試合はシュート数で決まるものではないのはわかり切っています。

サポーターは勿論、メディアも慰め口調はやめて、もっと辛口評価をするべきでしょう。

そうしないと国際的な選手は育ちませんよ。

久保君?今のところは絶賛しか聞こえてこない(僕を含めて)けれど、ヘマしたらビシッ!と。

このところご無沙汰の「なでしこは」どう変化しているかなあ。

                         マチダ

« オオバオオヤマレンゲの純白の花@神代植物公園 | トップページ | 三内丸山遺跡からも出土・ニワトコの赤い実@植物多様性センター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオバオオヤマレンゲの純白の花@神代植物公園 | トップページ | 三内丸山遺跡からも出土・ニワトコの赤い実@植物多様性センター »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31