フォト
無料ブログはココログ

« 与野と浦和、2つの成人式に出席した安住紳一郎アナ@TBSラジオ「日曜天国」 | トップページ | ようやく咲いたよセツブンソウ@野川公園 »

2019年1月14日 (月)

長友の神の手ハンドに救われた@オマーンに辛勝

日本は微妙な判定でPKを獲得、長友のハンドは見逃されました。

審判に救われた勝利。

攻めあぐんだ後半におなじみA大サッカー部OBのマチダさんは不安を隠せません。

                  shoe              shoe

Tichimen1


日本1-0オマーン PKによる1点のみ。

勝ったから取り敢えず…というしかないでしょう。

試合後に原口が見せた苛立ちの表情が物語っています。

後半はまるでいいところなしでした。

sagittarius

前半はサイドから相手背後を突く長めのパスを折り込みながら形を作ります。

大迫を欠き、代役は北川。

攻撃に関して正直不安は残りました。

その分を南野が走り回ります。

前戦と比べても別人のようにエンジン全開。再三ゴールを狙います。

ところがことごとく外します。

チャンスは8分、12分、24分、26分にありました。

このうち3回は「決めてよ」と言いたくなる場面でした。

「何とかしなければ」の気迫は十分でしたが精度が不十分。

1本決めていれば全く試合内容は変わってきたでしょう。

28分に原口がPEで蹴られてPKを獲得。

自ら決めてやっと先制します。

日本製ダイナモ、原口のハードワークで試合の半分以上は保てているといっても過言ではありません。

cancer

守りは発熱で出遅れた遠藤が戻って要所で、ピンチの芽を摘んでいました。

これで落ち着いたかなと思えた20分に冷汗三斗です。

中盤でボールを失い、中央からのカウンターを食います。

狙いすましていたオマーンは僅か2人で仕掛けます。

右から持ち上がったフリーの選手が縦に出します。

吉田のマークを背にクロスするように走り込んだもう一人は権田を右にかわし角度のないところからシュート。

ボールはコロコロとゴールマウスへ。

ほんの30㌢くらいだったでしょうか。左へ逸れて救われれました。

権田はシュートに対する反射神経は悪くありません。

しかし、前に出るタイミングがイマイチです。

声掛けの問題もありますが、縦に出された段階でもう半歩早く出るべきでした。

前戦でPKを取られた場面でも微妙なずれを感じました。

scorpius

さらに終了間際。思わず目をつぶりました。

DFを崩されゴール右から強烈なシュートを浴びます。

長友が体を投げ出して防ぎましたが、スローで見る限り左手に当たっていてハンド。

PKを宣告されても不思議なかった神の手ブロックです。

試合後に様々な反響があるようです。

が、中東の笛に泣かされてきているだけに逆中東の結果に卑屈になることはありません。

run

問題は後半は何をしていたのか、です。

攻めあぐみます。

パワープレーに近い唯一の作戦で放り込んでくる相手を抑えきれず、ボールも繋げません。

まさか1-0で試合を終わらせようとしたわけではないでしょう。

浮足立ちました。

激しい寄せにボールを失い、繋げないままでした。

北川と交代で入った武藤も呼吸が合わないようで、ちぐはぐなプレーが目につきました。

周りを見る余裕がないせいかもしれません。

大迫とは明らかにプレースタイルが違うのですから武藤の使い方にも一考の余地あり。

39分に投入された伊東は、前方にスペースを作ればスピードは通用します。

切り札の一人かも。

あとは乾。どこでどのように使うか。

ウズベキスタンが4-0でトルクメニスタンを下し得失点差で1位。

直接倒さないとトップ通過ができなくなりました。

もたつきぶりからすると、なんかヤバそうです。

                                            マチダ

« 与野と浦和、2つの成人式に出席した安住紳一郎アナ@TBSラジオ「日曜天国」 | トップページ | ようやく咲いたよセツブンソウ@野川公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 与野と浦和、2つの成人式に出席した安住紳一郎アナ@TBSラジオ「日曜天国」 | トップページ | ようやく咲いたよセツブンソウ@野川公園 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31