フォト
無料ブログはココログ

« 早咲き梅が次々に・白難波、冬至など@神代植物公園 | トップページ | 星の瞳がまたたいて・・オオイヌノフグリ@大沢の里公園・三鷹市 »

2019年1月 7日 (月)

フクジュソウの芽がツンツン@神代植物公園

日差しのもとでは暖かいが、西に傾くと北風の冷たさに縮こまる。

お日様に感謝してる毎日です。

植物だって同じでしょう。

Img_6988

築山の日当たりのいい場所でフクジュソウが芽を出しました。

数えてみたら十数個。

土の中は十分に春になったのでしょうか。

花が咲くのは当分先になりますが、楽しみができました。

ほかにもフクジュソウが見られるところはありますが、ここが一番乗りしそうです。

学名がなんとイノシシと関係してます。

Adonis ramosa。

アドニスはアフロディーテが愛した美少年。

イノシシに突かれて死んでしまう。

その血から生まれたのがアネモネ、アフロディーテの涙からはバラが生まれた。

アネモネが咲いたのに、なんでキンポウゲ科フクジュソウ属の学名にアドニスがついているかはわかりません。


Img_6825

古典ツバキの加茂本阿弥。

太い筒蕊が特徴だそうです。


« 早咲き梅が次々に・白難波、冬至など@神代植物公園 | トップページ | 星の瞳がまたたいて・・オオイヌノフグリ@大沢の里公園・三鷹市 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早咲き梅が次々に・白難波、冬至など@神代植物公園 | トップページ | 星の瞳がまたたいて・・オオイヌノフグリ@大沢の里公園・三鷹市 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30