フォト
無料ブログはココログ

« キジョランと渡りをする蝶アサギマダラの幼虫@多摩森林科学園・高尾 | トップページ | カラっカラの乾燥続きでシモバシラ不作@高尾山 »

2019年1月10日 (木)

トルクメニスタン相手にヒヤヒヤの勝利@ザルのDFが2失点

先制点を許したミドルシュート。

直前にGKの権田が映りましたが、突っ立ってました。

危機意識が欠如してシュートを予測してなかったんです。

相手を甘く見てたのか、初戦で連携がちぐはぐだったのか、いずれにしてもヒヤヒヤの勝利でした。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは統制の取れていないDF陣を危惧してます。

                      

Tokyo

とんでもない試合でしたね。特に前半と終了間際は冷や汗もの。

日本3-2トルクメニスタン

極端に言えば9人守備を敷く相手に、何の戦略もなく真ん中から仕掛けている図でした。

それも繰り返し繰り返し。

ボールを入れてもトラップミスなどで奪われ、カウンターを食います。

あれだけ密集していたら手数をかけず簡単なワンツー、ダイレクトプレーの方が効果的だったのではないでしょうか。

中に入れられないとわかると今度は横へつないでの様子見。

DF陣を引きはがす動きは見えません。

なんかいつか見たような景色でした。

期待の柴崎、南野らの動きもパッとしません。

それは当然でゴール前は過密地帯なんですから、いくらスピーディーな身のこなしでもスペースを作ることもできないし、細かなパスもトラップしていたら網に引っかかってしまいます。

好きな戦い方に拘り過ぎ。

Tichimen


それにもましてDF意識に問題ありでした。

相手ゴール前でボールを失った後の第1次ディフェンスが全くと言っていいほどありません。

前線、中盤がまるで存在しない緩い状態が続きました。

相手はフリー状態でボールを保持。

前線のカウンター陣は日本DFの裏へ走り込めば、いい縦のロングパスが出てきます。

無防備?を突かれて前半26分に先制を許します。

突っかけた堂安の戻しパスが相手に。

そのままドリブルで持ち上がられます。

誰もチェックに行きません。

最終ラインはフリーの選手に対し簡単に飛び込めません。

ここは中盤の選手、もしくはFWが追いかけなくては。

Tokyo1


左でパスを受けた相手選手(アマノフ)は中に入りながら邪魔者が来ないのを見計らって強烈なミドルを放ちました。

ごちゃごちゃさせるよりフリーでシュートが打てるのですから狙いますよ。

ヨーロッパより中東系とか韓国は得意です。

そんなことは十分承知のはずなのに、なぜか日本は見くびっていたように見えました。

ブレタマは権田の手をかすめ右隅に突き刺さります。

まさかの一撃。

権田も予想外だったかもしれません。

反応が一瞬遅れたのかも。

ブレていたので難しかったのでしょうが、油断というより心の準備不足が悔やまれました。

いい場面が作れないまま終わった前半に比べ、後半はどうやら主導権を握ります。

中盤から逆へのサイドチェンジを多用。

特に右から左への展開が目立ちました。

ここでこの2人。長友と原口です。

W杯で見せた絶妙コンビネーションが再現されます。

特に原口がドリブルで突っかけて相手陣形を崩します。

面白いほど翻弄し続けます。

横、後ろ、前にヒモのように長友がついて回っていました。

知っているベテランは頼りになります。

Top

大迫が2点。

前半、ゴール前でシュートを右に外した時は力みが見えたので一言と手ぐすね引いていたのですが、同点ゴールは落ち着いていて7割程度の力でコースを突きました。

原口からのパスをゴール前で受けると正確な切り返しで相手をかわします。

シュートにちょうどいい位置におくと右足で蹴り込みました。

肩の力が抜けていました。

頭の中も図形問題がスラスラ溶けたような感覚だったのではないでしょうか。

2点目は原口―長友のつなぎからごっつぁん。

3点目を決めた堂安。ゴールに背を向け左足、右足でタッチしながら回転。

ためらわずシュートしました。

20歳のゴールは相手に触れていました。

しかしパスよりシュートの意識が勝ったからこそでしょう。

打たなきゃ入らないもの。

さて2点差にしてからの守りです。

なんであんなにバタつくのか。

もう1点を取る必要があったのか。

できることならの中途半端な気持ちが見え隠れしていました。

挙句に自陣ゴール近くでのミスでボールを奪われ、真ん中を突破されてしまいます。

権田が相手を倒してPKを献上しましたが、やむを得ないプレーです。

その前がだらしなさ過ぎました。

主将・吉田の統制が効いていないようでもあります。

全体的なコンビネーション練習ができていないということを差し引いても褒められた対応ではありません。

バックパスのヘッドが危うくOGなんていうプレーもあったし。

相手次第ではやられていたかもしれないほど不安定な守りでした。

あれほどテンパることはないはずなのに、メンタルトレのやり直しをしたらどうでしょうか。

優勝には修正点が多いと見ました。

                     マチダ


« キジョランと渡りをする蝶アサギマダラの幼虫@多摩森林科学園・高尾 | トップページ | カラっカラの乾燥続きでシモバシラ不作@高尾山 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キジョランと渡りをする蝶アサギマダラの幼虫@多摩森林科学園・高尾 | トップページ | カラっカラの乾燥続きでシモバシラ不作@高尾山 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31