フォト
無料ブログはココログ

« わーいセンブリの大群生@陣馬山〜底沢峠No.2 | トップページ | 山頂からは霊峰がくっきり@陣馬山〜底沢峠No.3 »

2018年11月 3日 (土)

「ヘイ・ジュード」4万人の大合唱@ポール in 東京ドーム

ペンライトと灯りをつけたスマホが一斉に右に左に揺れます。

永遠に続けばいいと願ってました。

♫ Na na na na na, na na na, hey Jude

Na na na na na, na na na, hey Jude...

ポールが歌い、会場も唱和、ついで会場だけ、今度は女性客。

名残を惜しんでいつまでも、いつまでも・・。

51zcwgzdhml

まだ余韻にふけってます。

あの青春の時代に戻った至福のときを過ごして来たんですから。

ポール・マッカートニーの東京ドーム・コンサート(1日)。

知らない曲ばかりだったらどうしよう。

なじみのあるのは初期の楽曲だけです。

解散してからの曲はほとんど知らない。

その不安は1曲目で払拭されました。

ジャーン!と始まったのは「ア・ハード・デイズ・ナイト」

舞台後方のスクリーンにはビートルズ主演の映画のシーンが流されてる。

ジョンもジョージもリンゴもいます。

一気にあの頃に戻ってしまいました。

「リバプールの時代に連れてってあげるよ」

歌い始めたのは「フロム・ミー・トゥ・ユー」そして「ラヴ・ミー・ドゥ」

♫ If there’s anything that you want

If there’s anything I can do

Just call on me and I’ll send it along

さらにウクレレを取り出して「ジョージはウクレレが得意だった」

と思い出話。

だったらジョージが作った「サムシング」ですよね。


518ysjb59tl_sx300_


それからは怒涛のビートルズヒットで突き進みます。

「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」 「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」 「 レット・イット・ビー 」 「007死ぬのは奴らだ」(これはウイングス)  「ヘイ・ジュード」。

たまらんでしょ。

アンコールも「イエスタディ」で始まり「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」など6曲たっぷり。

時間にしてなんと2時間半。

ポールのハリのある声は健在だし、タフで若い。

感心しました。

*知らなかったこと  カメラの持ち込みは小型ならいいんですね。

昔は厳重にチェックして見つかると預かられていました。引き取りが面倒なので持ってかなかったら、スマホやコンデジならオーケー。持ってけばよかった。

*ペンライトの代わりにスマホ バラードになるとペンライトを左右に振ります。今じゃスマホなんです。画面の灯りをオンにしてステージに向けて振る。

いい夜を過ごしました。次の来日公演があったら、また来ようかな。

水道橋駅は混雑するので神楽坂まで歩いて軽く一杯。

チケットを取ってくれた娘にお礼。

🎸  🎸

1. ア・ハード・デイズ・ナイト(ザ・ビートルズ)
2. ハイ・ハイ・ハイ(ウイングス)
3. オール・マイ・ラヴィング (ザ・ビートルズ)
4. ワインカラーの少女 (ウイングス)
5. フー・ケアズ (ポール・マッカートニー / 最新アルバム『エジプト・ステーション』収録)
6. カム・オン・トゥ・ミー(ポール・マッカートニー / 最新アルバム『エジプト・ステーション』収録)
7. レット・ミー・ロール・イット (ウイングス)
8. アイヴ・ガッタ・フィーリング (ザ・ビートルズ)
9. 幸せのノック (ウイングス)
10. マイ・ヴァレンタイン (ポール・マッカートニー)
11. 1985年 (ウイングス)
12. メイビー・アイム・アメイズド (ポール・マッカートニー)
13. 夢の人 (ザ・ビートルズ)
14. イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー (ザ・クオリーメン)
15. フロム・ミー・トゥ・ユー (ザ・ビートルズ)
16. ラヴ・ミー・ドゥ (ザ・ビートルズ)
17. ブラックバード (ザ・ビートルズ)
18. ヒア・トゥデイ (ポール・マッカートニー)
19. クイーニー・アイ (ポール・マッカートニー)
20. レディ・マドンナ (ザ・ビートルズ)
21. エリナー・リグビー(ザ・ビートルズ)
22. ファー・ユー (ポール・マッカートニー / 最新アルバム『エジプト・ステーション』収録)
23. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ビートルズ)
24. サムシング (ザ・ビートルズ)
25. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ザ・ビートルズ)
26. バンド・オン・ザ・ラン(ウイングス)
27. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ザ・ビートルズ)
28. レット・イット・ビー (ザ・ビートルズ)
29. 007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
30. ヘイ・ジュード(ザ・ビートルズ)
(アンコール)
31. イエスタデイ(ザ・ビートルズ)
32. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(リプライズ) (ザ・ビートルズ)
33. ヘルター・スケルター (ザ・ビートルズ)
34. ゴールデン・スランバー (ザ・ビートルズ)
35. キャリー・ザット・ウェイト (ザ・ビートルズ)
36. ジ・エンド (ザ・ビートルズ)

« わーいセンブリの大群生@陣馬山〜底沢峠No.2 | トップページ | 山頂からは霊峰がくっきり@陣馬山〜底沢峠No.3 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わーいセンブリの大群生@陣馬山〜底沢峠No.2 | トップページ | 山頂からは霊峰がくっきり@陣馬山〜底沢峠No.3 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31