フォト
無料ブログはココログ

« まだまだ少ない御岳山のレンゲショウマ@植物多様性センターのは暑さ負け | トップページ | サザエの壺焼きパーティー »

2018年8月 1日 (水)

ひっそりとマキエハギ(蒔絵萩)@植物多様性センター

スッと伸びた花茎が蒔絵の細かな直線を思わせる。

このまっすぐな線とマメ科特有のユーモラスな花の取り合わせがなんともいえません。

Img_3926

数多く花をつけないのも、なんとも奥ゆかしい。

萩の中では最もお気に入りです。

日当たりの良い場所にもあるんだけど、やっぱり半日陰の林の下あたりが似合ってます。

立秋を前にもう萩の季節です。


Img_3915

ニクイロシュクシャ。

シュクシャの漢字は縮砂。

ショウガの仲間の種子を原料にした漢方薬のことです。

似た花を咲かせるのに熱帯アジア原産のジンジャーリリーがあります。

花色はオレンジ、白、黄色など。

薬味に使用するショウガとは属が異なります。


Img_3960

水生植物園ではミズキンバイが咲いてました。

« まだまだ少ない御岳山のレンゲショウマ@植物多様性センターのは暑さ負け | トップページ | サザエの壺焼きパーティー »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ少ない御岳山のレンゲショウマ@植物多様性センターのは暑さ負け | トップページ | サザエの壺焼きパーティー »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30