フォト
無料ブログはココログ

« 分け入っても 分け入っても あじさいの花@南沢あじさい山・あきる野市その2 | トップページ | 山の上の大仏さまも拝んできた@西多摩郡日の出町・鹿野大仏 »

2018年6月13日 (水)

2軍相手でも勝って何より@「本田より香川」とマチダ

乾の同点弾に西野監督がホッとした顔を見せていたのが印象的でした。

本番とは比べ物になりませんが、勝てたことの意義は大きい。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは、それでもグループリーグ突破は難しいと見ています。

マチダさんの見立て通りにコロンビア戦ではトップ下香川先発になりそうです。

                 shoe               shoe


日本4-2パラグアイ 

Tokyo_2


勝って何より。

切羽詰まった覚悟のようなものは感じられました。

前半32分に先制されます。

でもここ2戦のようなボーンヘッドでの失点ではなありませんでした。

右ロングスローからゴール前で浮き球でつながれ、そのまま反転シュート。

パラグアイの個人技が上でした。

つまらない点を与えたわけではないのですから、DF陣の気持ちは保たれていました。

GK・東口は際どいクロスを出足よくセーブするなどして味方を鼓舞します。

ある種の安心感あるとDFもそれほどへこまず、割り切ることが出来ます。

本番起用は東口か中村でしょう。

cancer

中盤、前線とも守備意識が高くなっていました。

単騎で向かうのではなく、2、3人で囲むことによって楽々とパスを出させない。さらには奪いとる。

この点も改善されているようです。

テレビのレポーターの印象かもしれませんが、、ピッチ上で選手同士の声の交換が多くなっていると伝えていました。

ただ、それが事実なら、いままでがいかに勝手にしていたかということにもなります。

オイオイ!ですよ。

そんなことまでアイコンタクトでできるわけないんですから。

うるさいくらい声を出さなくては。

大人のプレーの意味を誤解しているのではないでしょうか。

sagittarius

Tichimen

後半6分、追いつきます。

3試合ぶりの得点は乾がもたらしました。

昌子から香川へ縦パス。すぐさま左の乾へ。

小気味よく中に切れ込んで中央からカーブをかけたシュートはゴール右隅へ吸い込まれていきました。

得意のパターン。やっと決めた!です。

前半、香川と同様に決定的チャンスで外していました。

フリーなのだから吹かさずきちんと合わせていればもっと楽な試合になったでしょう。

16分も乾です。右サイドから武藤が折り返します。

香川が軽く触れる程度で後ろに流しました。

待ち構えていた乾がインサイドで右隅を狙います。

コースは甘かったものの、ハーフスピードだったためにGKの飛ぶタイミングがズレました。

左脇の下をすり抜けて2点目。

シュートが打てるいいところへ走り込めるのは好調の証です。

libra

また交代期のいい加減さで危機を招きました。

29分原口が投入されます。これが相手CKの場面。

スイス戦で痛い目を見ているのに懲りない采配です。

練習試合だからいいじゃないかは許されないでしょう。

案の定マークがズレてフリーでのヘディングを許します。

マイボールにできないままの30分、PE左からのクロスに合わされ右隅にスライディングシュートを決められてしまいます。

しかし、これがオフサイド。

同点になっていたら果たして勝てたかどうか。

この後相手のOGでほぼ大勢は決しましたが、疑問の交代時期でした。

scorpius

45分、パラグアイのミドルはうらやましい限りの一撃。

中央から左足で放たれたライナーはゴール左へ突き刺さりました。

手数無用、あれもパワープレーの一種ですね。

本番ではビュンビュン飛んでくるのかと思うと恐ろしい限りです。

終了間際、香川ステップで4点目。

まあ、その前にフリーで外しているのですから取り返さなくては10番が泣こうというもの。

何年ぶり何度目の大量点?

foot

土壇場で結果は出たものの、モチベーションが違う相手だったことを割り引かなくてはいけません。

チャンスで決めきれなかったのは、毎度ながらの。

両サイドはかなり使っていました。

それでもしびれるようなセンタリングがありません。

精度、スピード、相手の嫌がる位置への配球が甘い。

通信簿はグループ突破はやはり厳しい。

勝ち点3も疑問。引き分けまででか。

aries

 植田、昌子のDF中央はまずまずの出来。

特に植田は高さもあるし、吉田とコンビが組めると外国人に引けを取りません。

柴咲は展開力が大きい分、味方を走らせることが出来るのではないでしょうか。

岡崎は地味でも自己犠牲出来るので捨てがたい。

本田より香川の方がコンディションは上です。

西野監督、サプライズ選出がなかったんだから、せめて起用方で驚かせてよ。

                                                          
                                                 マチダ

 


« 分け入っても 分け入っても あじさいの花@南沢あじさい山・あきる野市その2 | トップページ | 山の上の大仏さまも拝んできた@西多摩郡日の出町・鹿野大仏 »

コメント

 いや~昨夜は勝って良かったですね~。でもパラグアイの引退試合に付き合わされた日本ってどうなのよ…ですね(;;;´Д`)
しかし乾ががんばってくれました。私は乾が野洲高校時代からのファンでした~。乾がいつかワールドカップで活躍してくれることを期待していましたが、今まで日の目を見ることはありませんでした。今回こそ大活躍してもらいたいです!! 乾の独創性あるサッカーに一抹の光を見ました(*^-^)

ひらっちさん、W杯は気を楽にして楽しむことにします。

世界の強豪を相手にするにはまだ寄せが甘い。個人技はパラグアイよりもずっと上ですから。

野洲のセクシーフットボールには驚かされた覚えがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 分け入っても 分け入っても あじさいの花@南沢あじさい山・あきる野市その2 | トップページ | 山の上の大仏さまも拝んできた@西多摩郡日の出町・鹿野大仏 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30