フォト
無料ブログはココログ

« セツブンソウはまだつぼみ・週末くらいかな@野川公園 | トップページ | ダイアモンド富士は拝めず・ならばと船津胎内樹型@富士山周辺うろちょろ »

2018年1月 9日 (火)

前橋育英、昨年の屈辱をはらして高校チャンピオン@群馬王国も・・とマチダ

前橋育英が劇的ゴールでチャンピオンに。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは球際の寄せと距離感に強さの理由があると分析。

             shoe        shoe        shoe

前橋育英1-0流通経大柏 

ロスタイムの決勝ゴール、ドラマチックでした。

前橋育英は21度目の出場で初の高校チャンピオンです。

山田監督が悲願達成のために作り上げた見事なチームです。

育英5原則というのイがあるそうで、その①が球際。これが最も際立っていました。

寄せる速さと距離感が抜群。

守りで相手のボールを奪うには読みが必要です。

出る位置を予測して間合いを詰めておく。

そしてまずインタセプトを狙います。

次にたとえパスが渡ったとしても相手がワントラップした瞬間にアタックをかけます。

やみくもに体ぶつけようとすると、ダイレクトで叩かれ入れ違いになってしまうので足を出してボールに触れられる至近距離まで詰めます。

相手が何もできない体勢に押し込んで奪う。

文字にすればややこしいのですが、この一連のプレーを全員が体現していました。

マイボールにしてからもきちんとビルドアップ。

基本通りトライアングルを使って、時には大きくサイドチェンジしてボールを前に運び続けました。

cancer


5原則の②の攻守の切り替がきちんとできていました。

レベルの違いはありますが、Jでもここまで忠実にプレーするチームは少ないでしょう。

昨年の決勝で青森山田に5失点を喫したDF力がものの見事に鍛え上げられ、結果を出しました。

相手に置いて行かれそうになってもスライディングをかけて遅らせたりと、ボールへの執念を切らしませんでした。

守って前に運べる分、ゲームを支配し柏を圧倒していたのもうなづけます。

sagittarius

試合を分けたロスタイムの得点はまず、中盤で榎本がゴール前に送ります。

得点王に輝いた飯島が競り勝ち中に持ち込み強烈なシュート。

BKにはね返されたものの、上がってきた榎本が蹴り込みました。

力まずボールを抑えた冷静なシュートは無失点を続けていた柏の赤い壁を打ち抜きました。

後半19分にスピードのある五十嵐に代えて185㌢の宮崎を投入。

やはり180㌢ を超す榎本とターゲットを2つにした山田采配が光ります。

パスワークだけでなく空中戦も有利に進め柏にプレッシャーを与えました。

run

育英は最近の高校の中では完成度が高い。

個人技に長けたチームはややもするとパスゲームやボール遊びに走りゴールを忘れる傾向があります。

しかし、忠実にしかも全員守備全員攻撃的な世界の流れに近いプレーを見せました。

このスタイルを育英の形として磨いていけば、王国を築ける可能性があります。

学生サッカーは1年ごとに選手が変わるので難しい面もあります。

聞くところによると、前橋の小中学校の指導者たちが同じ方向を向いて教えているそうです。

目先の勝利より将来のための技術。

さらに範囲を広げて一体となった群馬県スタイルを確立すればさらに高度なチームが作れるはずです。

foot

流通経済大柏のDFもさすがに鍛えられています。

後半34分、育英が右CKから立て続けに放った3本のシュートをことごとくはね返して見せました。

若干攻め手に多様性がなく、主導権を握り続けられなかったのが響きました。

チームの核、関川がひざを痛めていたのも不運。

本田監督がドイツ視察で得たプレッシングサッカーには力強さがあり、攻撃との連動がスムーズになればワンランクアップしてきます。

 この両校に限らず、かなり高校のレベルは上がっていています。

ただ「素早い攻撃」にとらわれ過ぎて長いキックでなだれ込むような攻撃をする、お門違いなチームも見られました。

残念です。

                        マチダ


« セツブンソウはまだつぼみ・週末くらいかな@野川公園 | トップページ | ダイアモンド富士は拝めず・ならばと船津胎内樹型@富士山周辺うろちょろ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セツブンソウはまだつぼみ・週末くらいかな@野川公園 | トップページ | ダイアモンド富士は拝めず・ならばと船津胎内樹型@富士山周辺うろちょろ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31