フォト
無料ブログはココログ

« アキノノゲシはなんとレタスの仲間@野川公園 | トップページ | ハリルの復讐成功?@マチダの分析 »

2017年9月 1日 (金)

ああ気持ちいい!ハリルジャパン会心のW杯切符@マチダも美酒

オーストラリアが繋いでくれたおかげで怖さが消え安心して見ていられました。

若手を起用しての前線からのプレスが効果的だったせいでしょう。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは影の功労者に乾の名をあげました。

         shoe      shoe      shoe


日本2−0豪州 ハリル大博打的中! 

Img_5786_3

浅野、井手口、乾の起用。

いろいろ言われたけれど監督の目を評価せざるを得ません。

内容もこれまでで一番。

浅野先発には個人的に多少?がありました。

しかし、守備力が弱い豪の穴を突くためには個人技よりも彼の持つ唯一最高の武器であるスピードに自分の進退と共に賭けたのでしょう。

振り返ってみればジョホールバルの歓喜にも快速オンリーの岡野がいました。

スピードは大一番を制す——か。

scorpiusscorpius


試合は立ち上がりから日本がペースを握りました。

豪が後ろから組み立ててくるのを見越して、前線プレスをかけます。

最近脳みそを使うようになった肉食筋肉派軍団も面食らったに違いありません。

乾は相手GKがボールを持っても猛スピードで突進、間を詰める嫌がらせを繰り返します。

さらに右に移動してボールを受けると中に入りながら左足で巻き込むようなミドルシュートを放ちます。

わずかに逸れたもののPE外45度からのシュートに相手DFは戸惑ったはずです。

データはおそらくPE内での細かいパスワーク対策が主だったでしょうから。

得点にはならなかったとはいえDFのリズムを崩す貴重なシュートだったわけで、影の殊勲プレーです。

runrun

井手口は攻め、守りに疲れを見せず走りまくりました。

Mrダイナモ。

G大阪・遠藤仕込みのキック力でCKもこなすし、とにかく驚異的な走力です。

不敵な面構え、度胸もありそうな21歳。

もう欠かせない存在になりました。

sagittariussagittarius


浅野。一瞬の動きでヒーローの座をつかみました。

Tichimen_3

前半41分、左サイドで長友が仕掛けます。

ボールを受けると中へ持ち込み狙いすましたセンタリング。

浅野は対面の半歩後ろに位置していて、ボールが出るのを待ち構えていました。

来た!背中が物語っていました。

躊躇なく飛び出します。

DFは虚を突かれて置き去りにされたまま後も追いません。

ど真ん中のドフリー、力むことなく左足サイドでゴールに収めました。

慌てなくなったのが成長でしょう。

あとは1対1で相手を抜き去る技術を磨けば不動のアタッカーです。

libralibra


25分過ぎから平静を取り戻した豪に攻め込まれるシーンもありましたが全体的にDF陣が落ち着いていました。

ボールの受け渡しが悪く、危ない場面も。


しかし吉田が当たり負けせずうまく真ん中をコントロールしていました。

37分、相手のシュートを吉田が辛うじて足に当てたことでコースが変わりポストを叩きます。

触らなかったらどうなっていたか。

中だるみなのか作戦なのか前線のプレスがなくなります。

後半のスタミナを考えてチェンジ・オブ・ペースなら成長の証かもしれません。

一時期休みを入れても守り切れると信じていたように見えました。(勝ったから言えるのかもしれませんが)

後半27分にはゴール前に貼り付けになるほどのピンチに見舞われました。

それでも誰かが相手マークについていてフリーにはさせません。

最後は酒井が体を張ってしのぎ切ります。

何の確信もないのですが安心して試合を見ていられ、この時点で勝ちを予感できました。

airplaneairplane


37分井手口がとどめの一撃。

これは途中出場の原口がもたらしたといっても過言ではありません。

中盤の左サイドのボールに反応。

長い脚を執拗に絡めて来る2人のDFに対して、転んで反則をもらうようなことをせず粘って井手口につなぎました。


転びたがりのJ選手とは一味違います。

見習うべき意識です。

Tokyo


井手口はこのプレーを無駄にしません。

パスと見せかけながら、中に持ち込むと中央やや左から右足のミドルを叩き込みました。

その数分前、右サイドで絶好のシュートチャンスを外していだけに“やり直し”でゲームを決定づけるあたり持っています。

shipship

長谷部が入ると守りが落ち着きます。

みんな心が整うのでしょうか。

ただ本人の調子はイマイチ。

3度相手にボールを奪われるシーンがあり、巧者サウジやUAE、イランあたりだと得点に結びつけられていたかもしれません。

試合後も自ら不満を漏らしていました。

winewine


日本はこれまでのゴール前ぐずぐずのパスサッカーから抜け出したようです。

真ん中を固められても、豊富な運動量から点に結びつけるニュージャパンスタイル。

先発メンバーを見る限り誰がゲームメーカーなんだろう、大丈夫かと心配したのも杞憂に終わりました。

ただ、香川、本田、岡崎らのプレーも間違いなく必要になってきます。

本番までにどのように編成していくのか。

ハリルもこれからが試練です。それにしても日本は層が厚くなった。

過去の名前だけでは通用しなくなるでしょう。


アーッ気持ちいい!

               マチダ


« アキノノゲシはなんとレタスの仲間@野川公園 | トップページ | ハリルの復讐成功?@マチダの分析 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アキノノゲシはなんとレタスの仲間@野川公園 | トップページ | ハリルの復讐成功?@マチダの分析 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30