フォト
無料ブログはココログ

« 秋風に揺れるナガボノシロワレモコウ(長穂 白 吾亦紅)@付属自然教育園 | トップページ | 金色の花いかだが出現・オオモクゲンジ@神代植物公園 »

2017年9月 6日 (水)

先発で起用された本田は機能せず@「代表仕様じゃない」とマチダ

本田の起用は初めから45分限定だったようです。

それにしてもまだまだでした。

やっぱり大迫が前線でボールを収めてくれないと機能しないのかなあ。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは「本田のテストは失敗」と見ました。

勝てば切符のサウジとのモチベーションの差も大きかったと冷静に分析。

      shoe    shoe     shoe


サウジアラビア1−0日本 本田のテストは失敗です。

ダメではないのです。

まだ代表仕様じゃないということです。

一流のマインドに試合ブランクは関係ありません。いかんせん体が。

代表として戦う反応力が1歩ほどではないにしても半歩ほど遅い感じがしました。

さすがと唸らせるプレーが出せないもどかしさは、本人が一番感じているでしょう。

メキシコでのプレーが今後を左右します。

runrun

日本は岡崎をトップにしたスタイルでスタート。

前半、何度かチャンスを迎えます。しかしノーゴールに終わりました。

ここで1点でも取っておくことが中東との戦い方でした。

しかもアウェー。先制こそが勝利を呼びます。

相手はそれほど無理をしてきません。

疲れを待って、後半に勝負が常道。0で押さえれば上々です。

決定機に決められなかった日本は、結果的に作戦にはまったわけです。

後半、満を持して投入されたエース、アルムワラドにゴールを脅かされ続け、結局18分に決勝点を奪われま
した。

中盤を支配され、ゴール前で小さく回された挙句、中央右にフリーで走り込んだアルムワラドに決定的パスを通されてしまいました。

DFは相手のボールを目で追うだけで寄せきれません。

吉田もボールに気を取られ反応がわずかに遅れました。

疲労アリアリ状態。

こうなると得意ののらりくらり作戦に手を焼き、引き分けすら遠のきました。

libralibra

中盤を託された柴崎とチームとのフィット感がイマイチだったのが気になります。


初コンビ、まだお互い呼吸が馴染んでないのでしょう。

本田に代わって投入された浅野は足で脅威を与えました。

しかし依然1対1での技術が未熟です。

抜いて走れるようになれば本当のジャガー。

いまのところ60点、ヤマネコくらいでしょうか。

airplaneairplane

岡崎に代えて杉本投入。

高さを期待しつつ、パワープレーも想定してのものでしょう。

これまでの日本ではCB吉田が出て行くくらいでしたが、もう1枚増やす新しいオプションをテストしたのかもしれません。

しかし未消化。

無理もない。タイミングや癖など周りとのすり合わせが不十分なんですから。

W杯で勝つための選択肢の一つにするには時間が必要です。

久保も後半3人目で出場。

しかしゴール前で右からのセンタリングにジャストミートせず、天を仰ぎました。

チームでも決定機を逃したりしているようで、一時の持ってる状態は小休止です。

負けはしたもののGK川島が相変わらず神セーブ。

なんなんでしょうか。気合だけで語れないものがあります。

scorpiusscorpius

勝つと言って乗り込んだ敵地。

“決まっている”のでモチベーションは90といったところですか。相手は120.。

移動、気候、観衆など考慮しても引き分けにはしておかなくちゃ。

それが実力があるチームです。

ある意味日本はとても悔しい思いをした、又はしなくてはいけない敗戦だったかもしれません。

ハリル頑固おやじ、ご機嫌ナナメ。

ところで昔、漫画讀本に「意地悪爺さん」という米国漫画がありました。

風貌がどこか似ているような。

                                      
                        マチダ

« 秋風に揺れるナガボノシロワレモコウ(長穂 白 吾亦紅)@付属自然教育園 | トップページ | 金色の花いかだが出現・オオモクゲンジ@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋風に揺れるナガボノシロワレモコウ(長穂 白 吾亦紅)@付属自然教育園 | トップページ | 金色の花いかだが出現・オオモクゲンジ@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30