フォト
無料ブログはココログ

« 早くもナンバンギセルが出てきたよ@新宿御苑 | トップページ | なでしこ、アメリカに完敗@「鬼の特訓を」とマチダ »

2017年8月 4日 (金)

ナツズイセン、ショウキズイセンも@水生植物園(神代植物公園)

ヒガンバナ科が次々に姿をあらわしてます。

キツネノカミソリに「おや、もう」と不意をつかれたばかりなのにナツズイセンまで。

Img_5288


ヒガンバナほど強烈な色でなく、優しいピンク。

明るい繁みの中で気高く咲いてます。

ヒガンバナは目いっぱい増えるようですが、こちらは数本がまとまって咲くだけ。

生命力に違いがあるんでしょうか。

中国雲南省の原産。

花に青みがさすリコリス・スプレンゲリと淡いクリーム色のリコリス・ストラミネアの自然交雑種。

古い時代に中国から渡って来た。

ヒガンバナと同じように救荒作物として人間が持ち込んだのでしょうか。

塊茎はリコリンというアルカロイドを含むが、水にさらせば食べられるようです。

前日も本園の神代植物公園で撮ったんですが、花に勢いがない。

なので水生植物園の深大寺城跡で撮り直し。

広場の一番南側です。

(本園のはむくげ園の北とスイレン池の西側)

Img_5287

労を惜しまなかったご褒美もありました。

近くにショウキズイセンも。

花弁が波打ってるのが特徴です。

こちらは在来種で西日本の暖かいところに自生してます。

沖縄の久米島では5万株が植えられて名物になっているようです。

キツネノカミソリもポッポッと生えてますよ。


Img_5280

本園に戻って正門前に展示してあるオニバス。

小学生が集まっていて「触るなよ。トゲが痛そう」

なんてワイワイやってました。

赤っぽい線のところから鋭いトゲが出てるのがわかるでしょうか。

大きな葉の割りに小さな花です。


« 早くもナンバンギセルが出てきたよ@新宿御苑 | トップページ | なでしこ、アメリカに完敗@「鬼の特訓を」とマチダ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早くもナンバンギセルが出てきたよ@新宿御苑 | トップページ | なでしこ、アメリカに完敗@「鬼の特訓を」とマチダ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31