フォト
無料ブログはココログ

« キツネノカミソリ数百本@調布市野草園 | トップページ | 黒い花びらのシュロソウ@野川公園 »

2017年8月13日 (日)

田んぼの困りものだけどかわいいクサネム@植物多様性センター

名前がいいよねクサネム。

草っ原に寝転んで空を眺めていたら、いつの間にか寝入ってしまった。

そんなのんびりな暮らしが思われます。

Img_5469


実際には田んぼの厄介者なんでしょうね。

それこそ昼寝もしないで草取りに励まなくてはいけないんでしょう。

武蔵野台地生まれなんで、あまり田んぼを見たことがありません。

国分寺崖線の下に下りれば田んぼもあったんですが、稲がこうべを垂れてるのを見た覚えくらいしかない。

父親は杉並の農家なんで、子供の頃は陸稲を食べてた。

五日市街道沿いなので土地が高く、田んぼが作れなかったんです。

うまくないようです。


Img_5291

初めて見たときはびっくりしました。

今じゃ、早くサヤが割れないか楽しみに待ってます。

ヤマシャクヤクの種子です。

茶色くなってるのがサヤの皮。

黒い種子は落ちてしまってますね。残念。

黒と赤のコントラストが面白かったんですが・・。

赤いのも種子ですが実らない。

こうした不稔種子をシイナと呼ぶようです。

ヤマシャクヤクの場合はこの派手な色で鳥を呼んでるようです。


Img_5263

友だちが「変化朝顔展」やってるよ、ってメールで知らせてくれた。

そういや神代植物公園でも朝顔を展示してる。

これなんか葉も長細いし、花弁はもっと細い。

「柳牡丹」という品種でしょうか?

朝顔が日本に入ってきたのは奈良時代末期。

変化朝顔が流行したのは江戸の文化文政期(1804〜1830)。

明治になると下火になったが、有志が栽培を続け、江戸時代の水準を再現しようと努力が続けられているそうです。

変化朝顔展は8月25日〜27日に日比谷公園(テニスコート脇)で開催。

ただし午前中です。朝顔だもんね。


« キツネノカミソリ数百本@調布市野草園 | トップページ | 黒い花びらのシュロソウ@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キツネノカミソリ数百本@調布市野草園 | トップページ | 黒い花びらのシュロソウ@野川公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31