フォト
無料ブログはココログ

« 高原に秋風が吹けばマツムシソウ@都立薬用植物園・小平 | トップページ | 浦和のザル守備・どこに問題が@マチダが分析 »

2017年7月22日 (土)

女郎衆と遊んだ旅の土産はミシマサイコ@都立薬用植物園

♫ 三島女郎衆はノーエ 三島女郎衆はノーエ

三島サイサイ 女郎衆は御化粧が長い

御化粧ながけりゃノーエ 御化粧ながけりゃノーエ

御化粧サイサイ ながけりゃ御客がおこる       (三島農兵節)

三島宿といえば真っ先にこの歌が浮かんじゃうのです。

ガキの頃にラジオから流れてきたので自然におぼえたんでしょう。

で、花は何かというとミシマサイコ。

Img_4991

漢方薬でよく耳にします。三島柴胡。

小柴胡湯なんかに使われてます。

カワラサイコは見てるけどミシマサイコは見たことない。

神代植物公園の山野草園に「ミシマサイコ播種」の札があるけど、どれがそうなのかわからない。

三島宿の柴胡は伊豆の各地から集めてきたものを集荷。

効き目があるってんで評判が良かった。

それで草の名にまで三島が冠せられた。

女郎衆と遊んだ後に、ミシマサイコをお土産にするのがお決まり。

そりゃそうでしょ。

お酒もたっぷり飲んでるから肝臓をいたわらないとね。

こんな花なんですか。

カワラサイコとは全然違います。

バラ科とセリ科ですから。根茎が肥大することだけが同じ。


ミシマサイコはしかと目に焼き付けました。

でもあてにゃあなりません。2年前にも見てるんですから。

動かぬ証拠はこちら

笑ってごまかしましょう。


Img_4997

花は閉じてますがユウスゲ。

かんかん照りの真っ昼間に行ってるんですから当たり前ですね。

せめて午前中に訪れないと開いたのは見られません。


南伊豆のユウスゲ公園は奥石廊崎の群生が一望に見下ろせるようです。こちら

Img_4999

センニンソウも咲き出してます。

咲き始めの方が香りがいいみたいです。


« 高原に秋風が吹けばマツムシソウ@都立薬用植物園・小平 | トップページ | 浦和のザル守備・どこに問題が@マチダが分析 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高原に秋風が吹けばマツムシソウ@都立薬用植物園・小平 | トップページ | 浦和のザル守備・どこに問題が@マチダが分析 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31