フォト
無料ブログはココログ

« イヌザクラの実は甘渋い@神代植物公園 | トップページ | 気が早いけどアキノタムラソウ@植物多様性センター »

2017年7月 1日 (土)

アピオスって芋を食べたことがありますか・アメリカホド@植物多様性センター

テレビでも時々紹介されてるようですが、名前を聞くのも初めて。

ジャガイモみたいに塊茎を食べる。

Img_4528

うまいかどうかも知りませんが、とにかく栄養価が高い。

生産地のJAゆうき青森によると「驚異的な成分を秘めた食物」

「ジャガイモと比較して、鉄分は4倍、繊維は5倍、タンパク質は3倍、カルシウムは30倍。

エネルギーはサツマイモの1.6倍、ジャガイモの2.6倍。

ビタミンCやイモ類に含まれていないとされるビタミンEも含まれている」(同)

うーんすごいね。

もともとはネイティブアメリカンの貴重な栄養源だった。

明治中期にりんごの苗にくっついて持ち込まれたらしい。

それで青森で生産が盛ん。

高級スーパーなどで売ってるらしい。

ゆうき青森の通販だと1キロ2000円弱。

イモを食べるけどマメ科です。

なので花は蝶形です。

スミレのような香りがするようですが、確かめてこなかった。

日本にはホドイモがあります。

各地で食べられてたようですが生産量が少ないのかな。

Img_4519

トモエソウが増えてます。

高原などで見られるようです。

よくよく見ればビヨウヤナギ、キンシバイなどの花に似てます。

オトギリソウの仲間では最も大きい花かな。

草丈は約1メートル。


Img_4523

園路は金色の星屑が撒き散らされてる。

金色の雨でも降ったかな。(嘘っぽいかな)。

♬ あぁ きんいろの雨 私の肩を抱いてつつんで 降り続くの・・・

あぁ くずれてしまえ あとかたもなく 流されてゆく 愛のかたち

(「みずいろの雨」八神純子)

梢を見上げると金色に染まってます。

モクゲンジの小さな花がいっぱいついてます。

袋果も面白いんだよね。

中の種は数珠に使ったりします。

ムクロジの中国名木患子を間違ってあててしまった。

もくかんし→モクゲンジ。

ムクロジ科です。

« イヌザクラの実は甘渋い@神代植物公園 | トップページ | 気が早いけどアキノタムラソウ@植物多様性センター »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イヌザクラの実は甘渋い@神代植物公園 | トップページ | 気が早いけどアキノタムラソウ@植物多様性センター »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31