フォト
無料ブログはココログ

« 浦和のザル守備・どこに問題が@マチダが分析 | トップページ | 花は紫だけどコガネバナ@都立薬用植物園・小平 »

2017年7月23日 (日)

くるくるカールのクサボタン@都立薬用植物園・小平

なんでガク片がくるくるっとカールしてるんでしょう。

キンポウゲ科ですから花弁はありません。

その昔、両脇の髪をカールさせた女の子がいましたよね。

どこか懐かしい感じ。

Img_5016

クサボタン。葉がボタンに似てるから。

センニンソウ属ということはクレマチスの仲間。

形から見ればハンショウヅルに近いのか?

昆虫はくるくるに止まって蜜を吸うのかな。

くるくるといえばウリノキっていうのもあります。

まだ見たことないので来年は見に行かなくては。

Img_5020

ヨーロッパ原産のコゴメバオトギリ。

セイヨウオトギリの変種だそうです。

葉には明るいぽちぽちがあるし、花の縁には黒い点々がある。

オトギリシウの特徴はちゃんと備えてます。

薬効はあるんでしょうが、特に薬に使ったりはしてないようです。

植物多様性センターにはトミサト(富里)オトギリが出てきます。

丈はずっと小さくて30センチないくらい。

貨物に乗って成田に来たのが周辺で繁殖したんでしょう。

Img_5026

エビスグサ。漢方名はケツメイシ、決明子。

決明は明るく開くという意味で目が良くなる。

そのほか、何にでも効きます。

胃下垂、胃酸過多、口内炎、黄疸、じんましん、腎臓病、腎盂炎、脚気、糖尿病、膀胱カタル、婦人病、神経痛などなど。


胃がんや食道がんにも用いられる。

すごいねえ。

アメリカ原産なんですが江戸時代に中国から伝わったのでエビスグサ。

日本にはカワラケツメイがあります。

植物多様性センターで見てますが、似てるといえば似てる。

runrun

22日はあれこれ忙しくて、昼は吉祥寺の老舗、炭焼きステーキハウス「葡萄屋」で遅めのランチ。

ワインなど飲んでお腹もいっぱい。

まぶたが下がって来たので、ここらでお休みなさい。

« 浦和のザル守備・どこに問題が@マチダが分析 | トップページ | 花は紫だけどコガネバナ@都立薬用植物園・小平 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浦和のザル守備・どこに問題が@マチダが分析 | トップページ | 花は紫だけどコガネバナ@都立薬用植物園・小平 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31