フォト
無料ブログはココログ

« これではホタルが逃げちゃうよシマホタルブクロ@植物多様性センター | トップページ | 祇園祭には悪霊退散のヒオウギ@野川公園 »

2017年7月19日 (水)

古代ロマンの響きだねガガイモ&お菊虫@野川公園

「天の羅摩船」と書いて「あまの かがみ ぶね」と読む。

羅摩がどうして「かがみ」なのかは分かりません。

で、かがみはガガイモのこと。その実を2つにわってつくった船が「天の羅摩船」。

Img_4944

古事記の昔から親しまれてきたガガイモが咲いてます。

オオクニヌシの国づくりを助けにスクナビコナが、この船に乗ってやってきます。

毎年、ガガイモの花を見つけると同じようなことを書いてます。

こちらとか、こちら

いつも堂々巡りで一向に進歩してません。

きっと「ガガ」の響きが好きなんです。

水生植物のガガブタ、ことしは見てないなあ。


Img_4954

オカトラノオはほぼ終わって、代わりにヌマトラノオが。

湿地を好みます。

オカとの違いは、花がお辞儀をしないでまっすぐ上を向いてる。


Img_4939

毛虫がウマノスズクサの葉をムシャムシャ食べてます。

黒褐色で白い帯があるのでジャコウアゲハの幼虫でしょう。

アサギマダラの幼虫も毒のあるキジョランを食草にしてます。

葉の毒をせっせと体内に蓄えて鳥に食べられないようにしてる。

ジャコウアゲハのサナギは「お菊虫」と呼ばれています。

一枚、二枚、三枚・・の「番町皿屋敷」。

後ろ手に縛られた和服の女性に見えるそうです。

経過観察してサナギも見つけようっと。

« これではホタルが逃げちゃうよシマホタルブクロ@植物多様性センター | トップページ | 祇園祭には悪霊退散のヒオウギ@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

カカやカガは古代日本語で蛇を表す言葉・・・
これは前にも書きましたね。

スクナビコナのモデルは出雲の「龍蛇様」、
神在月の頃、対馬海流に乗って渡って来る「セグロウミヘビ」・・・
これも前に書きましたね。

では、「天の羅摩船」(アマノ カガミ ブネ)」

カガミ=蛇身=羅摩(前後入れ替えると)=陽物
フネ=(途中省略)⇒陰物
古代人は陰陽が合体した物を神聖な形と考えている。

ちなみに、鏡や鏡餅も「とぐろを巻いた蛇身」を表しているのです。

芙蓉酔人さん。

そうでしたね。

蛇信仰のことも読みました。

もう少し考察してみたいと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これではホタルが逃げちゃうよシマホタルブクロ@植物多様性センター | トップページ | 祇園祭には悪霊退散のヒオウギ@野川公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31