フォト
無料ブログはココログ

« ここらは武蔵野台地の東北端・急に親近感が・・@地下鉄の地上を歩く会・都営三田線の1回目その2 | トップページ | 江戸末期の砲術家高島秋帆の名をとって地名が高島平に@地下鉄の地上を歩く会・都営三田線の1回目その3 »

2017年7月 6日 (木)

鹿島遠藤の芸術弾に拍手@マチダも舌を巻く

ナイスゲームだったようです。

これで鹿島は首位ターン。さすが老舗の貫禄です。

それに引き換え浦和は大量失点。

ペトロ監督交代も現実味を帯びてきました。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんが両チームの「差」を分析。


       shoe    shoe     shoe

G大阪0−1鹿島 見応えある1戦でした。

両チームとも中盤からのDFが効いて決定的なチャンスを作らせません。

自由にはやらせないぞとばかりの早い寄せとタイトな間合い。

余裕を与えないからパスミスも誘います。

互いに隙を見せない守りでボールが行ったり来たり。

試合に小気味よさを生んでいました。

点は入らなくても、バカバカ打ち合いになる派手だけれど大味な試合より数段見応えがあります。

sagittariussagittarius

こんな試合はちょっとのミスが命とりになります。

鹿島は後半10分僅かな乱れを突きます。

中盤でパスを奪われたものの早い寄せで取り返します。

小笠原が前を向くとミドルのスルーパスを右前方へ。

右サイドから走り込んでいた遠藤康がここから芸術弾を見舞います。

真ん中にフリーで味方が走り込んでいてクロスを入れてもよかった。

ところがツツッとGKに向かうとなんと左足のアウトに乗せふわっと浮かせました。

まるでゴルフのピッチショットのように。

逆回転したボールはGKの頭上を越えゴール右隅を捉えました。

大抵の選手はニアか逆サイドに思い切り蹴るでしょう。

そこをあえて緩く上を狙った遠藤の“遊び心”に大拍手です。

scorpiusscorpius


スピードを殺さずあんな芸当ができるなんて。

どの選手もゴール前であれくらいの余裕を持っていれば得点力不足なんてすぐ解消するはずですが。

最少得点で完封。

守りの重要さを改めて教えられる試合でもありました。

敗れたとはいえ大阪も内容では押していました。

一瞬の失敗が命とりになりました。

sandclocksandclock


川崎4−1浦和 システムを4−4−2変えたせいも手伝って、ただですら脆いDFがボロボロ。

監督は何を考えたのでしょうか。

付け焼刃です。

前半16分にたちまち失点します。

右サイドから中にドリブルした川崎・阿部が真ん中で機を窺っていた小林にパス。

ここで浦和の遠藤と槙野の位置が平行になっていました。

2人の間に入っていた小林に楽々とターンを許してしまいます。

少なくともどちらかが一歩下がって釣鐘を形成しておくのが常道です。

特に槙野は安倍の動きにつられて前に出ようとさえしていました。

結局フリー状態でゴールを奪われます。

libralibra

29分の失点も同様です。

パスカットされ真ん中をカウンターで破られます。

ここでもDFラインが平らなままでした。

DFの押し上げと言っても、常に高さを保っていればいいってもんじゃありません。

攻め込まれたら斜めにならなければ。

他チームは浦和必殺法として真ん中攻撃がオプションされているはずです。

runrun

大阪—鹿島戦で対照的なシーンがありました。

後半、猛攻を仕掛ける大阪はゴールを背にした長澤にパスを入れます。

右に反転してシュート、とその時真後ろに鹿島DFが密着マーク。

長澤は左足を振り抜けませんでした。

もしそこでDFが横についていたら振り切られていたでしょう。

浦和立て直しは優れた外国人CBを連れてくる以外にないようです。

チーム改革、戦術改革が迫られます。

守れさえすれば1点取れば勝てるんですから。

1点の試合でも攻防の激しさで十分楽しめるのは大・鹿戦で証明されています。


監督交代もやむを得ないかも。

taurustaurus

広島の森保監督辞任は衝撃でした。

フロントは強く慰留したとはいうものの、金欠を理由に戦力をあれほど削いでは名監督といえども苦しい。

もとはフロントの営業努力が足りないからでしょう?

野球主流の街だとしてもサッカーの街でもあるんですから。

若い優秀な営業マンがいるはずです。

アイデアに富んだ若者たちが。

公募すればいいんですよ。

                              マチダ

« ここらは武蔵野台地の東北端・急に親近感が・・@地下鉄の地上を歩く会・都営三田線の1回目その2 | トップページ | 江戸末期の砲術家高島秋帆の名をとって地名が高島平に@地下鉄の地上を歩く会・都営三田線の1回目その3 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここらは武蔵野台地の東北端・急に親近感が・・@地下鉄の地上を歩く会・都営三田線の1回目その2 | トップページ | 江戸末期の砲術家高島秋帆の名をとって地名が高島平に@地下鉄の地上を歩く会・都営三田線の1回目その3 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30