フォト
無料ブログはココログ

« 気が早いけどアキノタムラソウ@植物多様性センター | トップページ | シキンカラマツが咲いたよ@神代植物公園 »

2017年7月 3日 (月)

関根がキレッキレの6人抜き・辛くも勝利の浦和@ゆるいDFにマチダもおかんむり

浦和がヒヤヒヤながらなんとか勝利をものにしました。

いつもながらですがDFが不安定。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは渋い顔です。

       shoe      shoe     shoe

浦和4−3広島 関根がキレッキレでした。

ロスタイムで見せた決勝点の6人抜き。

左サイドから右に出て最後はGKの股下を抜くゴール。

ドリブルって流れに乗ると自分でも不思議なくらい体が反応するものです。

相手が次々詰めてくる中、ここでああしてこうしてなんて頭で考えている暇はありません。

練習で培った技術と本能でしょう。

ドリブルしている最中2度ボディーフェントが入りました。

あれだって意図的というより、ここで切り返さない方がいいと体が教えてくれたプレーです。

後半40分、ズラタンの同点ゴールも関根がアウトサイドでダイレクトパスしてDFラインを突破しました。

最後までピッチ内にいて、いつも見られるようなバテがありません。


90分間危険な存在であり続けました。

彼にとってこれまでで一番のゲームになったのではないでしょうか。

footfoot


関根は別にした試合内容はいかにも浦和らしい。2−0から一度は2−3にされてしまうんですから。

やはりDFに問題ありです。

カウンターを狙っているのか体の重心が後ろではなく前ににかかっているため簡単に置いて行かれていました。

横に並んでいるだけの場面も目につきました。

攻めに気が逸ってあんな緩い守り方ではやられます。

capricornuscapricornus


広島はリードして逃げ切りを図りました。

しかし引き過ぎ。

おまけに青山を交代させてゴール前にベタベタじゃあ守り切れません。

臆病風に取りつかれたのでしょうか。

ただ、アンデルソン・ロペスの破壊力は降格圏脱出の切り札でしょう。

cancercancer


柏2−3鹿島 柏のGK中村のミスが響きました。

立ち上がりから柏の動きは鹿島を圧倒していました。

前半24分、右サイドから崩した後のシュートミス2本が図らずも左右に振るパスもどきになります。

中央に構えていたクリスティアーノが真後ろへ丁寧なパス。

走り込んだ大谷がが落ち着いてゴールしました。

ところが後半8分、中村が金崎のシュートを弾き損ねます。

右サイドから中に切れ込んだ金崎渾身の一撃は途中からホップするようにしてゴールに突き刺さりました。

真正面に飛んできたにもかかわらず中村は触ることすらできません。

屈辱的な頭上通過。

さらに心理的なダメージを3分後に受けます。

相手FKに飛び出してパンチングしたものの目測を誤って触ることもできず、ゴールを許してしまいました。

最後の砦が不安定では、勝ちの目は出ません。

ただ試合内容は悪くないので、次戦のC大阪が命運を握っています。

runrun


C大阪3−1FC東京 仙台2−3G大阪 Cが首位に、Gはピタッと4位。浪速の脅威です。

新潟0−2磐田 磐田は俊輔が効いています。

左右への展開力、キープ力は健在。

うまく選手を躍らせています。

上位チームはなめてかかると足元を掬われるでしょう。

名波色のチームが出来上がりつつあります。

                          マチダ

« 気が早いけどアキノタムラソウ@植物多様性センター | トップページ | シキンカラマツが咲いたよ@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気が早いけどアキノタムラソウ@植物多様性センター | トップページ | シキンカラマツが咲いたよ@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30