フォト
無料ブログはココログ

« 琵琶湖の悪魔と違って絶滅危惧種なんですミズキンバイ@水生植物園(神代植物公園) | トップページ | 都会の杜のタシロランは来週あたりが見頃@明治神宮 »

2017年6月22日 (木)

ランの無菌培養は納豆絶ちで・ナゴラン@植物多様性センター

ここの仕事の1つに東京都の絶滅危惧植物の保護などがあります。

その一環でナゴランの無菌培養に取り組んで4年がかりで花を咲かせました。

昨年に続いて情報館で展示してます。

Img_4295

ナゴランは沖縄の名護で発見されたので地名をとって名付けられた。

伊豆諸島から南西諸島、朝鮮南部に分布する着生ランです。

セッコクと同じように木の股などに根をおろします。

しかし伊豆諸島では盗掘などで絶滅したとか。

「ナゴランが展示してあります。近づいてみてください」

いつものガイドウォーク。

1メートルくらいになると芳香が感じられます。

世界らん展に合わせて資生堂パルファム「ナゴランの香り」が限定生産されたこともあります。

そのままでは香水だとややきついかな。

職員さんが言ってました。

「ずっと納豆絶ちしてます」

無菌培養ですから納豆菌が紛れ込んではいけない。

人知れぬ苦労があるもんですね。

じゃ、ヨーグルトとかキムチなんかの発酵食品も絶ってるのかな。

聞きもらしました。

ナゴランに続いて現在はユウシュンランに取り組んでるそうです。

4月に野川公園で見つけました。こちら

野川公園では内緒にしてるみたいです。

花仲間が場所を訊いたら「公式には発表してませんので」と教えてくれなかったと言ってました。


Img_4324

ネジバナがあちこちで花茎を伸ばしてます。

この日は「初めての方」対象のガイドウォーク。

「ネジバナもランの仲間なんですよ」

参加者から「へーっ」と驚きの声が上がってました。

わたしゃ初めてじゃないですけど、なんとなくね。

Img_4335

クマツヅラ。

ヨーロッパ、アジアに広く分布して、薬草として使われてきた。

十字架に架けられたキリストの出血を止めた草とされてます。

学名はVerbena officinalis。クマツヅラ科クマツヅラ属(バーベナ属)。

バーベナは祭壇を飾る花の意味だそうです。

日本でも古くから知られていて「蜻蛉日記」などにも出てきます。

« 琵琶湖の悪魔と違って絶滅危惧種なんですミズキンバイ@水生植物園(神代植物公園) | トップページ | 都会の杜のタシロランは来週あたりが見頃@明治神宮 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

関東地方もようやく梅雨らしい天気となってきましたね。

各地のアジサイの見頃が伝えられる中、散歩人さんのブログで

コアジサイを見てから、すっかり山アジサイにはまっています。

先週、奥多摩の大塚山へ行って来ましたが、標高700~900mに

かけて、杉林の林床一面にオクタマコアジサイが咲いていました。

渓から吹き上がる風にコアジサイをの放つ芳香が乗って、

なんとも気持ちの良い山歩きができました。


芙蓉粋人さん。

待望の恵みの雨でした。

野川の流れもやせ細ってたのでいくらか回復してくれるかな。

大塚山、懐かしいです。

コアジサイの咲く山道っていいもんです。

また行きたいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖の悪魔と違って絶滅危惧種なんですミズキンバイ@水生植物園(神代植物公園) | トップページ | 都会の杜のタシロランは来週あたりが見頃@明治神宮 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31