フォト
無料ブログはココログ

« 長恨歌に源氏物語、文学が潜んでいるビヨウヤナギ@神代植物公園 | トップページ | 夏が来れば思い出す・キクイモの味噌漬け・キクイモモドキ@神代植物公園 »

2017年6月17日 (土)

さるなし酒は最もうまい果実酒だそうです・サルナシ@神代植物公園

サルナシの実が豊作です。

Img_4216

「この花は?」

「ネコノチチですよ」

「やっぱりそうですか。特徴的な葉をしてますからね」

このおじさん、樹木や花に詳しそう。

そんな人に教えられるなんて日を置かずに通ってる成果です。

「こっちにサルナシがありますよ。もう少し大きくなりますか」

「もう一回りくらい大きくなります。観察会で輪切りにしたもんです」

縦に割った写真はこちら。小さなキウイです。

理科、あるいは生物の先生みたいな方でした。

       wine     wine    wine

収穫は秋口のようです。

未熟なうちに採って1〜2週間ほど寝かせて追熟させます。

日本のキウイですからキウイに似てますが、梨の味がしたなあ。

風味や香りはこちらの方が強くて、完熟すると濃厚な甘みがあるそうです。

食べてみたいなあ。

果実酒にすると、これがうまいらしい。

半年ほどで黄金色になって上品な甘い香り。

果実酒ではもっともうまいそうです。栄養価も高い。

1kg1500円で売ってるサイトがありました。

格安ですね。


Img_4213

アカメガシワの花が咲いてます。

ルーペでのぞいてみましたが雌しべが見当たりません。

それもそのはず、これは雄花でした。

雌雄異株で雄花と雌花は少し時期をずらして咲くそうです。

葉は食物を乗せて神前に供えたりする。

なので「ひさき」で古語辞典にも載ってます。


Img_4218

ホップノキ。

これは雌株なので葉ウチワのような実がついてます。

ビール造りのホップの代用になるそうです。


« 長恨歌に源氏物語、文学が潜んでいるビヨウヤナギ@神代植物公園 | トップページ | 夏が来れば思い出す・キクイモの味噌漬け・キクイモモドキ@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長恨歌に源氏物語、文学が潜んでいるビヨウヤナギ@神代植物公園 | トップページ | 夏が来れば思い出す・キクイモの味噌漬け・キクイモモドキ@神代植物公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31