フォト
無料ブログはココログ

« 「日本のタイム」なんだってイブキジャコウソウ@都立薬用植物都立薬用植物園・小平 | トップページ | アジサイ「紅でまり」は青い花がアクセント@神代植物公園 »

2017年6月14日 (水)

満身創痍で痛恨のドロー@「やっぱり試合下手の日本」とマチダ

チグハグな攻撃でモタモタしてる隙を突かれて痛恨の同点ゴール。

気力はあるものの体がついていかない。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは「あの一瞬の焦り」を悔やんでます。

       shoe     shoe    shoe


イラク1−1日本 何ももったいない精神をこんなところで発揮しなくてもいいのに。

Tokyo1

諸々の厳しい条件を考えハリル監督は攻めより守りに重きを置いた布陣で臨みました。

ダブルボランチにして本田は右。久保を左に回しました。

あれほど切れている乾の名は先発にありません。

ガッカリです。

sagittariussagittarius

風下、それでも早々に大迫のヘッドで先制します。

本田のCKはさすが。カーブを描いてドンピシャリ。

こすらせてゴールした大迫の技に大拍手です。

先手を取って一安心。

ただ一抹の不安がありました。

ちょっと早すぎたかも、が正直なところです。

見た目には有利かもしれませんが、中東勢に比べ試合下手なので1点で逃げ切る小憎らしさは望めません。

2点目を取ってやっと一息できると考えるのは当然です。

早く安心したい。それが逆に焦りにつながったように見えてなりません。

cancercancer


大事にいきたいから早めのシュートは打たず崩し切るまでパス。

日本の悪いパターンが顔を出し始めました。

前後半でシュート7本はいかにもにも少なすぎます。

今ひとつ呼吸が合わない攻撃と何とかしたい気持ちがチグハグ。

それでも起用された選手、特にDFは体を張って決定的場面は数えるほどに抑えました。


libralibra


ところが後半27分ほんのワンチャンスを生かされてしまいました。

Tokyo_2

久保が足を引きずり、酒井宏が右ひざ負傷で満足に走れない中、中央突破を許します。

いったんは吉田が相手パスをガードしてGKに渡そうしたところ、川島の胸からボールがこぼれ出てしまいました。


押し込まれて押し込まれてのプレーだっただけに、いささか慌てたのでしょうか。

そこを飛び込まれ痛恨のゴールを許します。

酒井が普通だったら。

悔やまれます。

それより酒井が傷んでいるのが分かっていました。

だからどこかでゲームを切らなければなりません。

ところがボールに夢中で味方の陣形を見渡せる選手がいません。

ここが中東などと違うところです。

相手も勢いに乗っているので難しいかもしれませんが、何らかの方法はなかったものか。

酒井も倒れ込んで動かない狡さがあっても…。 

後半押されながら1−0で勝てる要素はあっただけに、あの一瞬の焦りが何とももったいない。

予想外の負傷交代もあってジョーカーにした乾も使えなくなりました。

勝負事は絵図通りにはいかないものですね。

taurustaurus


DF昌子、井出口は大健闘です。

ともに足も速く今後守りのメドは立つのではないでしょうか。

日本は今FW受難のようです。

前線からのプレスを要求されているせいか守りに追われ過ぎてスタミナを消耗しているように見えてなりません。

攻めも守りもは最近のサッカーでは当然としても、どちらも100%は酷です。

もう少し守りの負担を減らす方法を考えないと、肝心の得点に支障が出てきます。


                         マチダ


« 「日本のタイム」なんだってイブキジャコウソウ@都立薬用植物都立薬用植物園・小平 | トップページ | アジサイ「紅でまり」は青い花がアクセント@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「日本のタイム」なんだってイブキジャコウソウ@都立薬用植物都立薬用植物園・小平 | トップページ | アジサイ「紅でまり」は青い花がアクセント@神代植物公園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30