フォト
無料ブログはココログ

« クリの花をじっくり観察・雌花は3つ@植物多様性センター | トップページ | マメ科の「クララ」って和名なんです@都立薬用植物園・小平 »

2017年6月 8日 (木)

引き分けにもひと筋の光明・本田のボランチ@問題点露出もまた良しとマチダ

前半はチームがバラバラ、目を覆うような展開でした。

出足が遅れるから、常に後手後手。

久保の調子がイマイチでしたが、代わった乾が鋭い切れ込みで突破を図ってました。

本田のボランチ、視野が広くて効果的にボールを散らしてました。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんが指摘するようにイラク戦もこの布陣で臨むかも。

        shoe     shoe     shoe

日本1−1シリア 

痛い痛い香川の負傷。

その一方で可能性も見出しました。

開始10分にゲームメーカーが退場した日本はいいところが全くありません。

ミドルパスなどでとにかく大迫にボールを集めます。

しかし、その後の展開ができず、チャンスらしい場面を作れないまま。

代わりに入った倉田にそれを求めるのは酷というものでしょう。

今野も負傷明けで完全な状態ではないのですから、中盤と前線との連動が悪いのは当然です。

決め手を欠いたままの状態をそのままにしていた監督の真意もよくわかずイライラばかりが募りました。

期待の久保も最低のパフォーマンス。


体調に問題がありそうでした。

runrun

後半、監督が矢継ぎ早に交代をして打開に出ます。

久保に代わって本田が投入されます。

ここからが確変です。

俄然ボールが回るようになっていきます。さすがです。

期待の乾、浅野が入り本田がボランチ役に下がると、さらにチームが安定しました。


特に乾がキレキレ。

相手に向かっていくカミソリドリブル、変幻のボールコントロールで沸かせます。


「今が一番サッカーが楽しい」と口にするだけのことはあります。


代表の中でも極上の状態。


惜しむらくは「シュート」ではなく「入れて」ほしかった。

libralibra

本田を中盤のゲームメーカーにするスタイルは使えます。

香川の状態次第ではイラク戦は後半の布陣で臨むのではないでしょうか。

後半13分の同点シーンは原口—大迫のポストから長友が相手に競り勝って持ち込みます。

軽くカーブをかけた低いセンタリングにフリーの今野がきれいに合わせました。

調子がイマイチなのに悪いなりにも仕事をして存在感を見せました。

得点までの連携が日本の形です。

長友も久々に動きがよく、縦に出るプレーが目立ちました。

footfoot


さてDFです。

サッカーでは入りと残りの15分が厳重注意タイムと言われます。

守りは特にです。

ところが後半早々その鉄則が守られませんでした。

3分、相手ショートコーナーでDF陣が一瞬気を抜きました。

中にいる選手が薄いままなのに戻りが遅れました。

キッカーにチャージした倉田も簡単に外されて高いセンタリングを上げられます。

期待と危惧とを併せ持ちながら起用された昌子がジャンプしたヘッドは全く届きません。

後ろに走り込まれた選手にノーマークで叩き込まれてしまいました。

慌てて飛び上がったせいか目測を誤ったのでしょう。

髪の毛1本にでも触っていればと言いたくなるような大空振り。

さらに競りに行く選手もいないスカスカ状態では失点もやむを得ないところ。

経験不足の昌子とフォローできなかった周囲とのコンビネーションに不安を残す結果になりました。

cancercancer


シリアの動きは素早く、特にドリブルはスピードがあり極限まで突っかけて抜いたりパスを出したりと脅威でした。


間合いの詰め方が緩い日本選手は翻弄され続け。

対応策が必要です。

テストマッチは勝つことももちろん必要でしょう。

しかし、問題点を見つけることにも意義があります。

監督の目と実際の動きの違い等、ノートには多くのことが書き込まれたはずです。

この試合で日本にとって選択肢が一つ増えたような気がします。

久保が切れ味を取り戻しても、香川が出場できなくても本田をベンチに置かなくてもいいことが分かりましたから。


一抹の不安はあるものの、イラク戦が楽しみです。

pencilpencil

※最近、他のスポーツなどで選手がやたら泣きますね。

涙の安売りでしょう。

世界一とか金メダルとかならわからんでもないのですが、女々しすぎます。

なんででしょうか。

涙=感動って刷り込まれているようでなりません。

そんなことより気の利いたコメントをした方が人気も出ますよ。

スポーツの基本は明るく楽しくデス。

かつて雄々しき連中、猛者たちの野球などを見ていても、大喜びすれども涙を流したなんて言うシーンはめったにありませんでした。

侍がいました。

長嶋さんの引退は別でしたが。芸能界では武士を演じられる役者がいなくなったそうですね。

年よりの世迷言かな。


                                     マチダ

« クリの花をじっくり観察・雌花は3つ@植物多様性センター | トップページ | マメ科の「クララ」って和名なんです@都立薬用植物園・小平 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリの花をじっくり観察・雌花は3つ@植物多様性センター | トップページ | マメ科の「クララ」って和名なんです@都立薬用植物園・小平 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31