フォト
無料ブログはココログ

« アジサイ「紅でまり」は青い花がアクセント@神代植物公園 | トップページ | さるなし酒は最もうまい果実酒だそうです・サルナシ@神代植物公園 »

2017年6月16日 (金)

長恨歌に源氏物語、文学が潜んでいるビヨウヤナギ@神代植物公園

初夏と夏の間の花の端境期。

ビヨウヤナギの黄色い花が目立ちます。

Img_4183

えーと、どっちだったけ。

雄しべが花弁よりも長いのでビヨウヤナギ。

短かったらキンシバイ。いずれも中国原産。

ヒドコート(大輪金糸梅)というのもあります。

キンシバイの園芸種で花弁が平開してるので、少しすぼまってるキンシバイと見分ける。

雄しべが長くても数が多くてまっすぐに伸びてればヒペリカム・カリシナム(西洋金糸梅)。

ヨーロッパ原産。

ビヨウヤナギはバラバラな感じで湾曲してます。

pencilpencil

ビヨウヤナギの中国名は金糸梅に対して金糸桃。

江戸時代に入ってきて誰かが未央柳と名付けたのが定着した。

柳は葉が似てるからでいいとして未央は?

白楽天の「長恨歌」に「太液芙蓉未央柳 芙蓉如面柳如眉  對比如何不涙垂」と出てきます。

池のハスを見れば楊貴妃の顔を思い出し、柳からは眉を思って涙を流さずにいられない。

戦乱が収まり未央(びおう)宮に戻った玄宗皇帝の心境を歌ったシーンです。

「長恨歌」は平安時代の日本でも親しまれていた。

紫式部は「長恨歌」を下敷きにして「桐壺の巻」を書いたと推測されている。

「未央の柳」のくだりも引用されています。

江戸時代の教養人はどちらもよく知っていた。

細長い葉からすぐに未央柳を思いついたのでしょう。

clipclip

美容柳との表記もありますが、江戸時代に美容なんて言葉が一般化していたとは思い難い。

「びおう」と読んでいたのが、いつの間にか「びよう」に変わってしまったのではないでしょうか。

Img_4175

アナベルが随分と白くなってきました。

アメリカノリノキの園芸種です。


Img_4187

ミズキに遅れること約ひと月、クマノミズキが咲き出しました。

秋になると桃色になった花柄が落ちてサンゴみたいです。


« アジサイ「紅でまり」は青い花がアクセント@神代植物公園 | トップページ | さるなし酒は最もうまい果実酒だそうです・サルナシ@神代植物公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
多摩丘陵の自然で検索してみつけました
現在、東京都ではグランドデザインとして多摩丘陵をふくめたエリアで多摩イノベーション交流ゾーンとしてさらに開発を進めようと計画しています。パブリックコメントを募集中ですので、ぜひ多摩丘陵の緑を守るように多くの人が意見を述べてもらえるといいです。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/05/19/03.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アジサイ「紅でまり」は青い花がアクセント@神代植物公園 | トップページ | さるなし酒は最もうまい果実酒だそうです・サルナシ@神代植物公園 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31