フォト
無料ブログはココログ

« きっちり決めたC・ロナウドのシュートに感嘆@マチダも圧倒された欧州CL | トップページ | 万病の薬になる薬効のデパートですイチヤクソウ@浅間山公園〜野川公園 »

2017年6月 5日 (月)

今後のホタル鑑賞会は絶望的@野川公園

去年までは「ホタル観察会」のポスターが掲示されたんですが、今年はそれすらない。

例年だと観察会は6月1週の週末。すでに過ぎてしまった。

どうなんですか?  自然観察センターのレンジャーさんに訊いたら

「飛んでることは飛んでるんですが、観察会を開くほどではないんです」

Img_4484

去年はポスターを張り出したあとに、やむなく中止に。

「今後の見通しはどうなんですか」

「えー、難しいんじゃないかと」

「餌のカワニナがいないんですか」

「カワニナはいます」

じゃあ発生しない原因はなんなんだろう。

どうも生物多様性と関係がありそう。

今まで鑑賞してたのは、どうも外部から持ち込まれたホタルだったようだ。

野川公園の開園は昭和55年(1980)。その前は国際基督教大学のゴルフ場。

ゴルフ場だった時に在来種は激減してしまったらしい。

それで都の許可を得て、開園にあたって他地区のホタルを放流したみたいです。

そのホタルを大事に飼育、毎年観察会が開かれてきた。

今年、発生したホタルの遺伝子を調べたら、在来種でないことが判明。

個体数そのものも少ないが、素性の明らかでないホタルの観察会は都立公園としてはふさわしくないと判断しているようです。

私の遊びざかりの頃は野川公園もテリトリー。

ゴルフ場になる前の草っ原と湿地です。

野川のホタルを捕まえてきて蚊帳に放したりしてました。

いっぱいいたんだけどなあ。

「じゃあ今後の見通しは」

「担当のボランティアさんたちが頑張ってるんですけど・・」

在来種の個体数が劇的に回復するのを願うしかないですね。

        flair    flair     flair

調布市野草園も、昨年に続いて今年も中止です。

理由は「発生数が少ない」としてますが、野川公園と同じようなことなんだと思います。

1週間前に尋ねたら、どうも答えがはっきりしなかったですもん。

« きっちり決めたC・ロナウドのシュートに感嘆@マチダも圧倒された欧州CL | トップページ | 万病の薬になる薬効のデパートですイチヤクソウ@浅間山公園〜野川公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

4、5年前、深大寺の森でもホタルが復活していましたが、
最近、とんと話しを聞きません。
この春の少雨で、深沙大王堂裏の泉も涸れたままです。
調布辺りでは、野川の流れも干上がっているようですね。

深大寺釈迦像の国宝指定記念講演会があるようです。

二日前の回覧板には見られると載っていたのに、そういうことなんですね。
見る方からすると、在来種でも、他地区のホタルでも、風情のある美しさが見られるなら沢山増えてほしいな~
全てのもの神は宿っているのですから。

芙蓉粋人さん。

自然観察園の鏡池も干上がっています。

今年に入って多摩の降雨量は極端に少ない。

普通に降ってほしいものです。

ホタルは毎年、何百人もの人が楽しみにしていたんですが、残念です。

通りすがりのおばちゃん。

生物多様性の問題はなかなか難しいところがあります。

公共の公園だと批判は避けたいのでしょう。

深大寺境内で山梨からもらってきた蝶オオムラサキを飼育して放してますが、これにも批判的な声が寄せられてるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きっちり決めたC・ロナウドのシュートに感嘆@マチダも圧倒された欧州CL | トップページ | 万病の薬になる薬効のデパートですイチヤクソウ@浅間山公園〜野川公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31