フォト
無料ブログはココログ

« 夏が来れば思い出す・キクイモの味噌漬け・キクイモモドキ@神代植物公園 | トップページ | 東北三大祭りのルーツ「眠り流し」とネムノキ@神代植物公園 »

2017年6月19日 (月)

「西川の積極守備にほころび」とマチダ@浦和2−4磐田

代表落ちしたGK西川の感覚が微妙に狂ってるようです。

心理的な迷いがあるのかも。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは、相手チームの西川対策が功を奏していると分析してます。

         shoe      shoe      shoe


浦和2−4磐田 浦和DFの弱点がモロに出ました。

背後が脆い。

それは西川の守備範囲にあります。

GKが前に出てくるのは世界的な流れ。

攻めに重きを置く浦和も西川が前へ出ることでチームスタイルを作ってきました。

DFラインも信頼するからこそ攻め7守り3くらいの感覚で戦っていたに違いありません。

ところがGKの前方意識は諸刃の剣でもあります。

ミスったらアウト。

前半36分の失点はあそこまで飛び出す必要はありませんでした。

libralibra


磐田の左FKはゴールから逃げるようにカーブを描いて蹴り込まれます。

待ち構えているのは川俣です。

上背がありますが、自信がある西川はパンチングしようと前に出ました。


しかし想像以上に曲がったため手が届きません。

目測を誤ったわけで自信が落とし穴になりました。

代表復活に向けて気が逸ってアドレナリン過多になっていたようです。

cancercancer


同点に追いつかれた後半23分のプレーには同情すべき点があります。

一発カウンターで無人の右サイドにボールが出て、放っておけば1対1になります。

当然クリアに出ます。

ただそれが磐田・アダイウトンの体に当たりそのまま無人ゴールへ走られてしまいました。

試合後西川は、一瞬ためらったような発言をしています。

ただ、DF陣がもう少しバランスを取っていればカバーリングも可能でした。

2−1でリードしているのですから、チームとしてもっと賢く振舞えたはずです。

5戦1勝1分3敗の不振に気がせいていたのかもしれません。

penpen

相手チームは浦和の攻撃力を削ぐために様々な対策をしてきます。

足元に自信がある西川がボールを転がしてパスコースを探していると、誰かがプレスしに行くようになってきました。

かつてほど西川の足技がさえなくなったのも、そのせいです。

GKとBKの関係を見直し、チームを安定させる時期でしょう。

scorpiusscorpius

甲府0−0柏 甲府が柏の連勝を8でストップさせました。

守りに徹したわけですが、漫然と引いているだけではありません。

とにかくよく走りました。

相手の仕掛けをを待つのではなく攻撃の芽をつぶすべく動き、あわよくばカウンターを狙おうという積極的守備でした。

柏は走り負けたとも言えます。

                                      
                          マチダ

« 夏が来れば思い出す・キクイモの味噌漬け・キクイモモドキ@神代植物公園 | トップページ | 東北三大祭りのルーツ「眠り流し」とネムノキ@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏が来れば思い出す・キクイモの味噌漬け・キクイモモドキ@神代植物公園 | トップページ | 東北三大祭りのルーツ「眠り流し」とネムノキ@神代植物公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31