フォト
無料ブログはココログ

« 栽培OKのケシも花盛り、ヒマラヤの青いケシは開花せず@都立薬用植物園・小平市 | トップページ | こりゃまたド派手ゴージャス!サリー・ホームズ@春のバラフェスタ・神代植物公園 »

2017年5月19日 (金)

行ってみたいな群生地・ヒメサユリ@都立薬用植物園・小平市

ロックガーデンでヒメサユリが1本、さびしく咲いてました。

残念ながら奥ピンに加えてみずみずしいピンク色に写ってません。ご容赦。

Img_3626

名前の通りに小さなユリで限られた地域だけで見られます。

別名オトメユリ。

宮城県の南部から新潟、福島、山形が県境を接する飯豊連峰、吾妻山などに分布。

南会津町の高清水自然公園は100万本の大群生地。

ね、写真を見たら行きたくなるでしょ。

甘い香りがするそうですが、2メートルくらい離れたところなので確かめられません。


Img_3615

砂漠のオアシスの緑を形成してるギョリュウ。檉柳、または御柳。

うす茶のが花です。

中国原産で塩分のあるところでも育ちます。

ヒノキみたいな葉をしてますが広葉樹です。

水分の蒸発を最小限にしてるんでしょう。

そういえばイチョウも針葉樹なんだった。

どうやって分けているんだっけ。

針葉樹は裸子植物で、広葉樹は被子植物。

Img_3619

有毒植物の区域にオオハンゲがありました。

カラスビシャク(生薬名ハンゲ)より大きいのでオオハンゲ。


「口にすると、舌やのどに刺激があり、強い炎症を起こす」

蓚酸カルシウムの針状結晶が刺さるんですね。

でもカラスビシャク同様に薬に使うんでしょ。

« 栽培OKのケシも花盛り、ヒマラヤの青いケシは開花せず@都立薬用植物園・小平市 | トップページ | こりゃまたド派手ゴージャス!サリー・ホームズ@春のバラフェスタ・神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栽培OKのケシも花盛り、ヒマラヤの青いケシは開花せず@都立薬用植物園・小平市 | トップページ | こりゃまたド派手ゴージャス!サリー・ホームズ@春のバラフェスタ・神代植物公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31