フォト
無料ブログはココログ

« 高山植物ですが咲いてます・ミヤマオダマキ@神代植物公園 | トップページ | 香りもいいよバイカウツギ(梅花空木)@植物多様性センター »

2017年5月 9日 (火)

なんじゃもんじゃの木と水戸光圀@野川公園

あちこちでなんじゃもんじゃのひらひらした白い花が見られます。

深大寺境内のも真っ盛りでしょう。

7日は自然観察園の植物観察会。

参加者はなんと70人。十数人ずつに分かれてボランティアさんに従います。

わたしらのグループは混雑を避けて野川沿いから回ります。

Img_3363


なんじゃもんじゃが川岸にあります。ヒトツバタゴ。

誰かが「タゴって何?」

そういやあなんだっけ。家具やスキー板などの材にもするトネリコのことだそうです。

トネリコは羽状複葉ですが、こちらは単葉です。なのでヒトツバ。

ヒトツバタゴは朝鮮、台湾、中国南部に分布してるが日本では珍しい。

対馬は分かるとして、あとは愛知と岐阜。

不思議だねえ。

なので昔は知られてなかった。

訊かれた人も分からなかったので、「なんじゃもんじゃ」とゴマかしたという話は知られてます。

ですが尋ねたのが水戸光圀というのは知りませんでした。

江戸青山六道の辻に(現在は明治神宮外苑内)の人家に大木があった。

将軍に「あの木はなんという名か」と尋ねられた水戸光圀。

答えに窮して「なんじゃもんじゃ」。

よくある黄門伝説でしょうが、外苑のなんじゃもんじゃは大正13年に天然記念物に指定されました。

残念ながら枯れてしまい、現在は2代目が絵画館前で見られます。

以上、明治神宮のホームページより。

Img_3331

ケキツネノボタンです。

ウマノアシガタより花が小さいかな。

照りも少ない。

葉の切れ込みも大きい。

ウマノアシガタは馬の脚には見えないが、昔はわらじを履かせてた。

その足型に見えるんだとか。

Img_3329

せせらぎでミゾホウズキが見られます。

クリンソウのところの湧き水ではもっとたくさんまとまってました。

ボランティアさんがこっちにも植えてくれたんですね。


« 高山植物ですが咲いてます・ミヤマオダマキ@神代植物公園 | トップページ | 香りもいいよバイカウツギ(梅花空木)@植物多様性センター »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高山植物ですが咲いてます・ミヤマオダマキ@神代植物公園 | トップページ | 香りもいいよバイカウツギ(梅花空木)@植物多様性センター »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30