フォト
無料ブログはココログ

« かみ合わない浦和の攻め・首位明け渡す@森脇発言も大人気ないとマチダ | トップページ | 天下の秋は分からねど桐の花が落ちてます@野川公園など »

2017年5月 6日 (土)

触るとベタベタするよモチツツジ@神代植物公園

積極的にツツジの名所に赴いたことはありません。

だって赤や紫が強くてまぶしすぎる。

おやっと目がいったのは木陰の赤紫。

控えめな色合いで、色とりどりの園芸種と違って落ち着きがある。

Img_3279

あきのこない風情です。

名札を見るとモチツツジ。

鳥もちのモチです。

ためしに葉に触ってみます。ついで花の基部。

なんでしょ、このベタベタ。

子供の頃、花を摘んで蜜を吸った時にベタベタしてた記憶が蘇った。

葉などに腺毛が生えていて、ネバネバした液体を出している。

ムシトリナデシコと同じです。

観察すると蜜を目当てにやってきた昆虫がネバネバに捕まってるのが見られる。

アリなどは雄しべにも雌しべにも触れないで蜜に到着してしまう。

そこで蜜泥棒を寄せ付けないためにネバネバを出してるんです。


ということは蜜にありつけるのは羽を持った蝶や蜂などですな。

pencilpencil

分布は紀伊半島を中心に山梨から岡山までと四国。

花の時期にすでに葉が出ているのが特徴。

日本固有種で、園芸で有名なヒラドツツジはモチツツジなどの交配種。

いわば原種です。

ヒラドツツジからはオオムラサキなど数多くの品種が作られています。


Img_3290

名前に惹かれてついつい取り上げてしまいます。

カマヤマショウブ。

朝鮮半島から中国東北部原産。

アヤメみたいですが、葉が細長くて直立してます。

カマヤマは釜山の訓読みといわれています。

「釜山港へ帰れ」がはやるずっと前から「かまやま」なんて読んだことないけどな。

「プサン」じゃなくて「ふさん」といってたかな。

戦前は「かまやま」なんていってたのだろうか。

Img_3294

おばちゃんたち5、6人が名札を見て「これ、ミヤコワスレじゃない。うちにあるのと葉が同じよ」

なんてワイワイいってました。

結局「ミヤマヨメナともいうのかしら」

ミヤコワスレは、これの園芸種。

お教えしようかと思いましたが、人数が多すぎる。

突っ込まれると答えに窮しそうなので黙ってました。

園内の売店で見たらミヤコワスレは花色がもっと濃い紫でした。


Img_3297

あちこちでいろんなウツギが咲いてます。

これはガクウツギ。

アジサイのように装飾花が目立ちます。

色の変化が楽しめるハコネウツギも咲き出しました。

まだ花は白なので写真は撮ってません。

ピンクや赤が混じり出したら被写体にします。


« かみ合わない浦和の攻め・首位明け渡す@森脇発言も大人気ないとマチダ | トップページ | 天下の秋は分からねど桐の花が落ちてます@野川公園など »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かみ合わない浦和の攻め・首位明け渡す@森脇発言も大人気ないとマチダ | トップページ | 天下の秋は分からねど桐の花が落ちてます@野川公園など »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31