フォト
無料ブログはココログ

« 外柵開放してるので禁断のケシ鑑賞@都立薬用植物園・小平市 | トップページ | 行ってみたいな群生地・ヒメサユリ@都立薬用植物園・小平市 »

2017年5月18日 (木)

栽培OKのケシも花盛り、ヒマラヤの青いケシは開花せず@都立薬用植物園・小平市

正面の掲示板に「ヒマラヤの青いケシは見られません」の張り紙。

残念だなあ。

あきらめが悪い男ですので、去年見た場所へ。

「温度が高かったんですか?」

「さあ、なんでだろう」

係りの人も首をかしげてました。去年の写真はこちら

Img_3598

二重柵の外では園芸店でも売られているケシの花が広がってます。

建前としては「ケシ比較植物」

よーく比べてくださいってことです。

上の写真はモンツキヒナゲシ。

黒い模様が紋付。

小アジア原産で、英名はレディバード・ポピー。てんとう虫ポピー。

なんでレディなんでしょう。

ナナホシテントウの7つの斑点は聖母マリアの7つの悲しみをあらわしているんだとか。

さらにマリアは赤いマントを着てたそうです。


Img_3600

ハナビシソウ。カリフォルニアポピー。

ちょいと感じが違いますね。

北米原産でハナビシソウ属。ケシ属じゃないんです。

禁止されてるケシとOKのものの見分け方は、葉が茎を巻いてるかどうか。

巻いてなければ栽培しても大丈夫。


Img_3606

こちらは単なる「ケシ比較」ではなくて「ハカマオニゲシ比較植物」

オリエンタルポピーなんて言って売ってますがオニゲシです。

ハカマオニゲシとそっくりだそうです。

外国ではハカマオニゲシは禁止されてないので、種苗会社はこれをもとに品種改良を行う。

なのでハカマオニゲシそっくりのオリエンタルポピーが輸入される。

素人目には判別は難しいようです。


« 外柵開放してるので禁断のケシ鑑賞@都立薬用植物園・小平市 | トップページ | 行ってみたいな群生地・ヒメサユリ@都立薬用植物園・小平市 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外柵開放してるので禁断のケシ鑑賞@都立薬用植物園・小平市 | トップページ | 行ってみたいな群生地・ヒメサユリ@都立薬用植物園・小平市 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31