フォト
無料ブログはココログ

« 期待していいぞU20・南アに逆転勝ち@マチダも久保を絶賛 | トップページ | 2億5000年前の植物化石がある亀ヶ岡八幡@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の6回目その1 »

2017年5月23日 (火)

卯の花は匂わない・ウツギ@植物多様性センター

ウツギの白い花が咲き出しました。

「夏は来ぬ」は、来ないんじゃなくて「夏が来た」の意味だと教わって文語の面白さにひかれました。

今でも小学校の音楽で教えてるんでしょうか。

難しいからと避けて通るのではなく、分からないなりに歌わせるだけでいいと思います。

そうすると自然と言葉の面白さ、奥深さに気づくのではないでしょうか。

Img_3705

早も来鳴きてーなんて早口言葉みたいで響きがいいですよね。

さてではこれはどうでしょう。

「卯の花の匂う 垣根に」

顔を近づけてもちっとも香りがしません。

ボランティアさんが教えてくれました。

「匂うは香る意味ではなくて、盛んに咲いてる意味なんです。

匂うように咲くという使い方があるでしょ」

岩波古語辞典をひいたら①赤く色が映える②色に染まる③色美しく映える。

5番目にようやく、香りがほのぼのと立つ、と出て来ました。

語源的に言えば「に」は「丹」で赤土の色。

「ほ」は「秀」、抜きん出ていること。

「紅にほふ桃の花」なんて言い方が、香りに変わっていったんですね。

Img_3716

こちらは匂いますのでニオイウツギ。

伊豆諸島特産でハコネウツギの変種。

葉が厚くて花が基本種よりも小さい。

はじめ白花で受粉すると赤くなるのはハコネウツギと同じ。


Img_3721

コアジサイの淡いブルーがキラキラしてます。

もうそんな季節なんです。

アジサイのつぼみも日々、ふくらんで来てますもん。


« 期待していいぞU20・南アに逆転勝ち@マチダも久保を絶賛 | トップページ | 2億5000年前の植物化石がある亀ヶ岡八幡@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の6回目その1 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

そろそろアジサイの季節ですね。

昨年、散歩人さんのブログでコアジサイを知り、今年は6月に奥多摩で

「オクタマコアジサイ」を見たいと計画しています。

散歩人も知っているイワウチワの咲く大塚山周辺が群生地のようです。

話しは変わりますが、先週末、大菩薩へバイカオウレンを見に行って来ました。

3月の大雪で時期がずれたのではと考えていましたが、予想が的中し、

大菩薩嶺の北側斜面に広がる針葉樹林の林床を覆う緑のコケの

ジュウタンの上にポツポツと白いバイカオウレンが咲いていました。

芙蓉粋人さん。

山道を彩っているコアジサイは格別です。

オクタマコアジサイなんてのがあるんですか。初耳です。

大菩薩のバイカオウレンは今頃ですか。

長年の経験で開花予想が見事的中ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 期待していいぞU20・南アに逆転勝ち@マチダも久保を絶賛 | トップページ | 2億5000年前の植物化石がある亀ヶ岡八幡@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の6回目その1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31