フォト
無料ブログはココログ

« 花後もいいねセリバオウレン@神代植物公園 | トップページ | 嬉しいニュース・札幌小野が6年ぶりゴール@マチダもジーン »

2017年4月26日 (水)

キンラン咲いてるよ、珍しいユウシュンランも出現@野川公園

キンランが咲いてます。

神代植物公園の雑木林でも見られるんだけど、こちらの方が近い。

Img_3088

ラン菌との共存関係もうまくいっているのか、株も順調に増加しているようです。

この界隈で数が多いのは、ここと浅間山公園かな。

そろそろムサシノキスゲが咲き出してるでしょうから浅間山公園も近々のぞいてきます。


Img_3092

おねえさんが「これ何かしら」

考え込んでいます。

「ギンランじゃないの」

うなづいてくれません。

あたしゃ、キンランに似た白い花はギンラン、ササバギンラン、クゲヌマランしか知りません。

おねえさん、わたしなんかより見る目が確かなようです。

白花のカラスノエンドウを見たくて隣の武蔵野公園に遠くからやってきたそうです。

足を伸ばして野川公園まで。

おっ、近くでボランティアさんがセリバヒエンソウと格闘してる。

「すみませ〜ん。名前を教えていただけますか」

引っこ抜く作業を中断してやってきてくれました。

「ユウシュンラン。人の名前らしいよ」

そんなランがあるんだ。

「葉が退化してるでしょ。いつの間にか出てきたんだよね」

        bud     bud     bud

そう言われれば長いのが1枚と小さいのが下の方にあるだけ。

丈も小さい。

葉はほとんどが鞘状になっているんだって。

ユウシュンラン、発見者の工藤祐舜さんの名前がつけられた。

1932年に発表して独立種とされたが、今ではギンランの変種とされているようです。

地中で十分な栄養を蓄えてからつぼみをつけて地上に顔を出す。

退化しているために葉で十分な光合成ができないんです。

つまりラン菌への依存度が高くなっている。

楽な生き方を選んだのね。

日本各地で見られるが絶滅危惧Ⅱ類(VU)。


Img_3084

いやすごいね、この密集。

ジュウニヒトエ。

野川公園自然観察園は一気の花盛り。

暑すぎず寒すぎず、うってつけの散歩日和。

おまけにいろんな花が楽しませてくれる。

Img_3101

せせらぎの中ではクリンソウ。

向かいの湿地ではニョイスミレ(ツボスミレ)が大群落をつくってる。

1000はくだらないね。

その隣には赤白のサクラソウ。

他にもいっぱい咲いてるので次の機会に紹介します。


« 花後もいいねセリバオウレン@神代植物公園 | トップページ | 嬉しいニュース・札幌小野が6年ぶりゴール@マチダもジーン »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花後もいいねセリバオウレン@神代植物公園 | トップページ | 嬉しいニュース・札幌小野が6年ぶりゴール@マチダもジーン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31