フォト
無料ブログはココログ

« 地獄の釜の蓋も開いたよ・キランソウ@野川公園 | トップページ | センダイヤザクラ(仙台屋桜)が満開です@牧野記念庭園 »

2017年4月11日 (火)

ザイフリボクを見に行く@牧野記念庭園・練馬区

ザイフリボクの花を見に行こうという話が聞こえてきたので便乗。

ところは大泉の牧野記念庭園。

午後からやむって言ってたのに、いっこうに回復するきざしはありません(9日)。

それでも西武新宿線の大泉学園駅に集まって出発。

Img_2532

探すまでもなく入り口そばで、ひらひらした花が出迎えてくれました。

長細くてピンとしてないので風に揺れればシデですね。

別名シデザクラ。

細かく切った紙を棒の先につけた采配に見立ててザイフリボク。

葉はとっても柔らかくて、触ると温かみを感じます。

青い実がなって食べられます。

りんごの味だそうです。

アメリカザイフリボクは最近、庭木として人気で、こちらの別名はジューンベリー。

ということはザイフリボクも6月に実ができるのかな。


Img_2541

エゾノウワミズザクラが満開でした。

こんなに満開のを見たのは初めて。

見ごたえがあって、しばし見上げて、あほづらポカン。

イヌザクラと同じようにブラシ状に花がつきます。

エゾノは北半球の亜寒帯に分布しており、日本では北海道と青森の一部に生育。

ウワミズザクラとの違いは、雄しべが花弁より短い。

上の方で咲いてますので確認できません。


Img_2536

傘をさしながらもみなさん熱心に観察。

予報に反して午後から本降りになったが次々に来園者が訪れる。

朝日新聞の東京版に牧野博士が命名したセンダイヤザクラの紹介記事が出たためのようだ。

11時過ぎに入園して、博士と庭園についてのビデオなども鑑賞。

なんだかんだで3時間近くも滞在してしまいました。

約300種類もの植物がありますからね。

次回はセンダイヤザクラなどを紹介。


« 地獄の釜の蓋も開いたよ・キランソウ@野川公園 | トップページ | センダイヤザクラ(仙台屋桜)が満開です@牧野記念庭園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地獄の釜の蓋も開いたよ・キランソウ@野川公園 | トップページ | センダイヤザクラ(仙台屋桜)が満開です@牧野記念庭園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30