フォト
無料ブログはココログ

« なんて素敵な淡い藤紫でしょうタツタソウ@城山かたくりの里 | トップページ | タカオスミレを探して高尾山@裏高尾・日影林道 »

2017年4月18日 (火)

幸先いいぞ・エイザンスミレの花束見っけ@緑芽ぶく高尾山・日影〜もみじ台下

ワーオ、エイザンスミレがこんなにまとまって咲いてる。

感嘆。感激。

この時期の高尾山はスミレの天国です。

何種類を見られるでしょうか。

他の野草たちとの新たな出会いも期待して高尾山花さがしに出かけてきました。

Img_2748

エイザンスミレがこんなにまとまって咲いてるのは初めて見ました。

華やか。うっとり。

これだけでも登って来たかいがあるというもんです。

とはいっても大して歩いてないけど。

budbud

高尾山でスミレが見たいなら4月の第3週。

こう教わったので15日の土曜日に高尾駅北口集合。

相変わらず小仏行きのバスは大行列だけど臨時が出るのでちゃんと乗れます。

9時台は3台、10時台は2台で運行してました。

日影で下車して日影林道を歩きます。

だけど心配だなあ。スミレは見分けられるんだろうか。

でもエイザンスミレだけは大丈夫。

葉が3裂してますからね。

あちこちで見かけましたが、この集団が一番お見事。

Img_2753

一つ一つ見ていきましょうね。

せっかく咲いてくれているのですから。

ミヤマハコベ。

普通のハコベより花が大きい。


Img_2755

花がやや赤っぽいけどヤマエンゴサクでいいかな。

ヤマエンゴサクは花柄の機微の小さな包葉がクシの葉状。

ジロボウエンゴサクは葉先が三角の卵形でギザギザがない。

そんなにちゃんと確認しなかったなあ。

まあ山なんだからヤマエンゴサクにしときましょう。

すこぶるいい加減です。

次に見る機会があったら、しっかりと確かめます。


Img_2750

じゃあこれはミヤマキケマンかいな。

丈が大きくないから間違いないさ。

キケマンはもっと大きい。

なのでミヤマキケマンということにしておきましょう。

ミヤマキケマンの葉は細かく裂けて繊細な感じ。

キケマンは裂け方が荒い。

合ってそうですね。

runrun

咲いてる花にいちいち反応してるからちっとも先に進まない。

10時25分に日影でバスを降りてキャンプ場に着いたのが11時45分。

わずか500メートルほどですよ。

これで1時間20分もかかってたら頂上にたどり着けるんだろうか。

花さがしですから、これでいいんですけどね。

時間が足りなければ、もうちょっと行って引き返してもいい。

のんびり登るさ。

ということで、これから林道を登っていきます。

ここでランチにするとたどり着かない恐れ大なので、おあずけです。

「ランチはもみじ台下で」

小休憩してから出発です。


« なんて素敵な淡い藤紫でしょうタツタソウ@城山かたくりの里 | トップページ | タカオスミレを探して高尾山@裏高尾・日影林道 »

八王子市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんて素敵な淡い藤紫でしょうタツタソウ@城山かたくりの里 | トップページ | タカオスミレを探して高尾山@裏高尾・日影林道 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30