フォト
無料ブログはココログ

« ヒメ、ニョイ、マルバなどスミレ特集・その1@植物多様性センター | トップページ | シラネアオイにコイワウチワなど春の百花繚乱@城山かたくりの里 »

2017年4月15日 (土)

アツバ、ニイジマ、アリアケなどスミレ特集・その2@植物多様性センター

続きです。

あんまり長いと飽きちゃうでしょうから2回に分けました。

Img_2626

伊豆七島の新島で採取されたのでニイジマスミレ。

シロバナです。

はじめはアツバスミレの変種と考えられていたが、そうではないようです。

アツバのシロバナ型という分け方になってます。


Img_2632

↑ こちらがアツバスミレ。

スミレの海岸型です。

葉が厚くて光沢があります。

千葉県から鹿児島県の太平洋側、伊豆諸島や小笠原にまで分布してます。

これに対して日本海側はアナマスミレ。

忘れてました。シチトウスミレも咲いてます。

タチツボスミレの変種ですが、識別が困難なものもあるそうです。

3月の頭に咲き始めて、今や真っ盛りです。

写真はこちら


Img_2637

↑ アリアケスミレ。

葉柄が長いですが、葉身はさらに長い。

足長と覚えましょう。スミレ界の裕次郎かな。

そして水平方向に広がるのが特徴です。


Img_2731

↑ これもアリアケスミレ。

花色からするととても同じには見えません。

別々のところに咲いてるんですが、どちらもアリアケスミレの名札が付いてます。

往復して確かめましたよ。

花の色が変化に富むので有明の空になぞらえたんだそうです。


      bud    bud     bud

14日時点で咲いてるのはスミレ、タチツボ、アリアケ、ニョイ、ヒメ、マルバ、アツバ、ニイジマ、シチトウの9種。

咲き終わったのはアオイ、エイザン、コスミレにアメリカスミレサイシンも。

これから咲くのはヒカゲ。

わーお、14種もあるんだ。

何年たってもスミレ初心者のお勉強でした。


「山渓ハンディ図鑑6 日本のスミレ」を参考にしました。

ありがとうございます。

« ヒメ、ニョイ、マルバなどスミレ特集・その1@植物多様性センター | トップページ | シラネアオイにコイワウチワなど春の百花繚乱@城山かたくりの里 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒメ、ニョイ、マルバなどスミレ特集・その1@植物多様性センター | トップページ | シラネアオイにコイワウチワなど春の百花繚乱@城山かたくりの里 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31