フォト
無料ブログはココログ

« 道ばたのヒメスミレなど、おまけにエイザンスミレ@野川公園 | トップページ | 地獄の釜の蓋も開いたよ・キランソウ@野川公園 »

2017年4月 9日 (日)

ようやく勝った広島だけど・・@マチダのJ

ターンオーバーで6人を取り替えた鹿島が痛恨の黒星。

おなじみのA大サッカー部OBのマチダさんは、やっと勝った広島に注目。

       shoe     shoe    shoe

G大阪0-1広島 やっと広島が勝利しました。

それもG大阪相手ですから立ち直りのきっかけになるかも。

内容はそれほど褒められたものではありません。

滑るピッチのせいかパスミスが多い。

トラップしてからのコントロールも不正確です。

だからチャンスが作れません。

気になるのはピッチコンディションを割り引いたとしても、持ち味である素早い縦への展開がないことでした。

特に前半は相手の背後を突いて走り抜けるプレーが皆無と言っていいくらいでした。

たまに前を要求する選手がいても、今度はパスの出し手が躊躇して勝負していませんでした。

選手のケガなどもあるのでしょうが、不振の要因が垣間見えました。

外人2人は広島流にまだ馴染んでいないようです。

新加入のシウバ、ロペスにしても移籍してまだ9試合ですから。

sagittariussagittarius


それでも何とか後半7分、先制します。

真ん中のパス交換からシウバが強烈なバー直撃ミドル。

跳ね返ってくるところを新鮮力の工藤が頭で押し込みました。

ただ、この後、相手のバックパスミスをゴール前で“もらい”しかもGKと1対1になりながら吹かしてしまったのはいただけません。

cancercancer


G大阪は引き気味の広島に手を焼きました。

崩しのパターンが見つからないままの90分。

ミドルを狙うとか、サイドを徹底して突くとか攻め方はあったはずです。

初黒星がホーム。チグハグな内容でした。

footfoot


鹿島0-1C大阪 いくらなんでも鹿島・石井監督、先発6人総とっかえは冒険のし過ぎでしょう。

特に中盤4人友もろともはゲームになりません。

ACLを見据えての代役起用だったのでしようが、まだ期待に応えられるほどではなかったということです。

小笠原なり、レオ・シルバを前後半で使い分けてバランスを取ってやらないと。

1・5軍選手は自信を無くしてしまいます。

使いながら育てる難しさかもしれません。

練習試合で主力を圧倒する動きをしていたらしいのですが、それはあくまで練習試合でしかありません。

本チャンとは違います。

中盤でバランスを欠いたことは、DFにも影響が出ました。

後半1分、失点の場面。左サイドをC大阪の関口に突破されます。

センタリングを上げられ山村に頭で決められました。

この時CBの植田は完全にボールウオッチャーになっていて、背後から山村が走り込んでいるのに気づきませんでした。

本来なら誰かが気付いて、声掛けやマークに行くはずなのですがフリーを許しました。

それほど最終ラインがスカスカだったということです。

石井監督の実験的試みは現段階では失敗と言えます。

libralibra


C大阪は美味しい試合をものにしました。

勝利は評価できますが、あと2点は取れていたのではないでしょうか。

特に柿谷がゴール前でボールをキープ、彼の技術からして相手をかわすことはわけないのに、右に走ってきた杉本へパスを出してしまいます。

結局、シュートは外れ追加点に結びつきませんでした。

柿谷らしいと言えるでしょうが、自らゴールを狙えばいいのにパス選択、直っていませんね。

どうせゴールに結びつかないのなら、自分で打てば納得できるのに。

チームの逃げ切り戦術にも疑問が残りました。

虎の子大事で5

バックにシステム変更します。もう自陣PE付近にべったりの構え。

案の定、遅ればせながらレオ・シルバを入れてリズムを取り戻した鹿島にガンガン攻め込まれました。

記録には残りませんが危うい勝利でした。

runrun


浦和7-0仙台 浦和の大勝。

興梠、興梠ときて、武藤の3点目で勝負ありです。2−1試合の理想的な勝ち方はとどめの1点を奪うことです。

1点返されるとヤバくなるのは分かっっていますから早く息の根を止めればいいわけです。

守りも久々の0封。強い浦和でした。

関根がキレキレでしたね。

ariesaries

仙台の7失点。やられ過ぎ。

試合をつまらなくします。

浦和の攻撃力に怯えてばかりいては勝てるわけがないでしょう。

嵩にかかってくるチームだけに、守り優先ではかえってズタズタにされます。

窮鼠猫を噛むではないですが、牙をむかないと。

浦和は守りが脆いのは知っているはずです。

耐えながらカウンターを狙い少ないチャンスをものにさえすればいい勝負になりますよ。

守ろうじゃなく、守りながら攻めようです。


                                    マチダ

« 道ばたのヒメスミレなど、おまけにエイザンスミレ@野川公園 | トップページ | 地獄の釜の蓋も開いたよ・キランソウ@野川公園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道ばたのヒメスミレなど、おまけにエイザンスミレ@野川公園 | トップページ | 地獄の釜の蓋も開いたよ・キランソウ@野川公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30