フォト
無料ブログはココログ

« ムレスズメにスズメノコメ(コメガヤ)・今回は雀つながりで@神代植物公園 | トップページ | キンラン咲いてるよ、珍しいユウシュンランも出現@野川公園 »

2017年4月25日 (火)

花後もいいねセリバオウレン@神代植物公園

農家の庭先に鯉のぼりがあっがってます。

住宅街じゃ大きなのはまず見られない。

これなんか、まるで矢車でしょ。

改めて自然の造形に見入ります。

Img_2915

線香花火みたいな花もいいけどタネも魅力的です。

セリバオウレン。

どうして、こんな形をしてるんでしょう。

葉じゃないから日に当たるために放射状に広がる必要はない。

それなのにほぼ等間隔で360度に展開してます。

以前にもブログで取り上げてるんですが、そこまで考えてなかった。

先端に穴があいてタネがこぼれ出るんだそうです。

お、なるほど。

なるたけ重ならないようにタネを散布するんだな。

遠くには広がらないで少しずつ縄張りを拡張する作戦ですな。

小平の都立薬用植物園なんか林縁沿いに勢力圏を増やしてるもんな。

でもここは全然、株が多くならない。

どうしてなのかな。


Img_2924_2

ボランティアさんが植えてくれたユキザサが根付いて花をつけました。


ユリ科からキジカクシ科のマイズルソウ属になりました。

葉は貴重な山菜です。

茹でておひたしにするのが基本。

アクが少ないので、そのまま天ぷら、汁の実でもいいそうです。

ユリの葉は食べませんがキジカクシ科なら納得。

アスパラガスがキジカクシ科です。

雪のような花ですが秋になると赤い実がつきます。

見たことないから覚えておこう。

Img_2910

山道で出会うと、健気に咲いてるなって声をかけたくなります。

チゴユリ。

こちらもイヌサフラン科チゴユリ属に。

若芽が毒って書いてあるところもあります。

イヌサフランだから、さもありなん。

無理に食べない方が良さそうです。


Img_2932

ハイノキ、灰の木。

灰を染物の媒染剤に使ったことから。

と知ってる風に書いてますが、山で出会っても100%区別できません。

真っ白な花だなあ、だけしか認識してませんから。

少しは覚えなくてはいけませんね。


« ムレスズメにスズメノコメ(コメガヤ)・今回は雀つながりで@神代植物公園 | トップページ | キンラン咲いてるよ、珍しいユウシュンランも出現@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ムレスズメにスズメノコメ(コメガヤ)・今回は雀つながりで@神代植物公園 | トップページ | キンラン咲いてるよ、珍しいユウシュンランも出現@野川公園 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31