フォト
無料ブログはココログ

« 遅れてるよムサシノキスゲ・まだポツポツ@浅間山公園・府中市 | トップページ | 大宮9戦目の勝利・ヒーローはサポーター@マチダも祝福 »

2017年4月30日 (日)

カラスビシャクもすっくと伸びてます@浅間山公園〜多摩墓地・府中市

よく茂った野草の間に目をこらすと、カラスビシャクが長い長いひげ、あるいはムチを伸ばしてます。

何のためにあるんでしょうか。

ウラシマソウの釣り糸の役目同様に不明なのかな。

Img_3186
うまい具合にこっち向きと後ろ姿、一緒に見られます。

長いひげは付属体、仏炎苞に隠れてる部分に花が咲いてます。

上部に雄花、下部に雌花。

匂いでハエの仲間を招いてます。

付属体に仏炎苞、ミズバショウやショクダイオオコンニャクなどサトイモ科の観察でも出てくる言葉です。

カラスビシャクも同じです。

塊茎は薬になります。生薬名は半夏(はんげ)。

葉が白くなるハンゲショウってのもありますね。

農家のおばあちゃんが、塊茎を集めておくと業者が買い取ってくれた。


なので別名へそくり。


Img_3220

さあてと多摩墓地を抜けて帰るとするか。

墓地は野草の宝庫。

日当たりがいいから伸び放題です。これも楽しみ。

ブタナです。

昭和の初めに北海道で確認された。

飼料に混じって運ばれたんでしょう。

フランスでは「ブタのサラダ」というそうな。

そこから名前をいただいてブタナ。

pencilpencil

オックス、カウとビーフ、シープとマトン。家畜名と料理名ですね。

調理用だとなんで呼び方が変わるんでしょう。

日本語ではウシとギュウ、羊とマトンと呼び方を変えたりしてますが、基本的には区別する言い方はありません。

ノルマンディ(フランス)がイギリスを領土にしてから英語にフランス語が流入。

英語を話す者は家畜の世話をした。

それらの動物は古英語以来の呼び方。

調理された肉を食べるのはフランス語を話す人。

なのでフランス語由来の呼び方をした。ビーフやマトン。

ピッグは英語でポークはフランス語由来なんです。

なので「ブタのサラダ」はピッグではなくてポークです。

「英語の冒険」(メルヴィン・ブラッグ、講談社学術文庫)を参照しました。


Img_3215

コバンソウがざっくざく。

ちょっとした空き地を占領してます。

観賞用に入れられたけど、これだけ増えちゃうとねえ。


Img_3144

マツバウンランはお墓の区画内にいっぱい見られます。


かわいいので、そのままにしておくんでしょう。

墓地は野草の宝庫。

目についたのを紹介しましたが、もっといろんなのがあるんでしょう。

墓地の植物観察会なんて催しがあったら参加するんだけどなあ。

« 遅れてるよムサシノキスゲ・まだポツポツ@浅間山公園・府中市 | トップページ | 大宮9戦目の勝利・ヒーローはサポーター@マチダも祝福 »

府中市」カテゴリの記事

コメント

野川公園・自然観察園の門扉と掲示板が新しくなったんですね~。
ここの門扉の閉開ノブは中々あじがあったけど、
いつ頃からできた公園なんでしょうね?
何でもかんでもキレイにすれば良いってもんではないけど、ここは可愛くなって良かったかも~♡

通りすがりのおばちゃん。

以前の門扉は鍵がかけにくいので忘れる方が多かった。

3月に工事してて4月くらいから新しくなりました。

新緑が気持ちい良いですね。


緑を浴びて散歩してるだけでリフレッシュされます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅れてるよムサシノキスゲ・まだポツポツ@浅間山公園・府中市 | トップページ | 大宮9戦目の勝利・ヒーローはサポーター@マチダも祝福 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31