フォト
無料ブログはココログ

« 芭蕉も喜んだ新大橋の開通@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の5回目・その1 | トップページ | カタクリの間に清楚なワダソウ@調布市野草園 »

2017年4月 6日 (木)

おしゃれに変身・旧万世橋駅@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の5回目・その2

浜町公園を出て明治座の前を通って神田方面へと向かいます。

日曜日なので横山町の問屋街も閉まっているので通りの入り口を見ただけ。

馬喰横山、岩本町の2つの駅を越えて万世橋。

Img_2388

かつて一大ターミナルとしてにぎわった万世橋駅があった。

でも私にとっちゃ万世といえば「肉の万世」

今でも橋の東側に健在です。

パーコー麺を初めて食べたのはサラリーマンになってからだったか。

揚げた豚肉が物珍しかった。

万世橋駅は1912年(明治45)に屈指の繁華街だった須田町交差点前に作られた。

起点を新宿から飯田橋まで延伸した甲武鉄道(中央本線)にとって都心への進出は悲願だったのでしょう。

しかし2年後の1914年に東京駅が開業。

中央本線も1919年に東京駅まで開通。

交差点も移って万世橋駅はターミナルとしての役割を終えてしまった。

関東大震災では駅舎が焼失、戦時中の1943年(昭和18)には不要不急駅として営業を休止してしまった。


Img_2400

交通博物館があったので社会科見学で来たこともあるが覚えてないなあ。

旧駅舎はおしゃれな商業施設になってます。

おっさんは買い物に興味がないので通り過ぎるだけ。

上の階は間近を走る中央線が見られる展望デッキになってます。

ここでおやつ。

みんな手作りの和菓子と焼き菓子を楽しみにしてます。

カナイさん、カネコさん、いつもごちそうさま。

駅前には広瀬武夫中佐と杉野孫七兵曹長の巨大な銅像があった。

GHQの命令で撤去。何しろ軍神ですからね。

「杉野兵曹長って誰だっけ?」

と声を出したら、すぐに「杉野は何処」でしょ。

そんな唱歌があったことは知っている。メロディーも浮かばないけど。


Img_2403

神保町の古本屋街でちょっとだけ自由時間。

ちゃんと古書を仕入れてる人がいましたねえ。

さらに靖国通りを九段下目指して千鳥ヶ淵。

予定では満開の桜が出迎えてくれるはずだったんですが、あいにくの2分咲き程度(2日)。

みんなはこの後、靖国神社。

満開宣言が出た標本木に見とれたことでしょう。

さらに市ヶ谷まで歩いて解散。

私は夕食の支度やらなんやらで九段下でお別れ。

♬ これでおしまい かしまし娘 またの会う日を楽しみに それではみなさま!ごーきげーんーよ〜

« 芭蕉も喜んだ新大橋の開通@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の5回目・その1 | トップページ | カタクリの間に清楚なワダソウ@調布市野草園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芭蕉も喜んだ新大橋の開通@地下鉄の地上を歩く会・都営新宿線の5回目・その1 | トップページ | カタクリの間に清楚なワダソウ@調布市野草園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30