フォト
無料ブログはココログ

« うれしいな・スミレがいっぱい@高尾山・日影林道 | トップページ | ようやく出版「黒島の女たち」・鹿児島県黒島に惹かれた夫と妻の記録 »

2017年3月15日 (水)

ヤマルリソウに喜んでもらった@高尾山・一丁平〜ケーブル駅

日影林道ではセントウソウもあちこちで見かけました。

Img_1874

一緒に行ったお二人は都立薬用植物園のボランティアガイドさん。

セントウソウは見慣れているご様子。

他に何か咲いてないかなあ。

探しながら日影林道を登っていきます。

確か萩原作業道との分岐あたりに野草スポットがあったな。

しかしです。

山林伐採が行われているために踏み荒らされて跡形もなし。

そういやあ日影林道も通行注意区域になってたな。

でもこの日は工事は休みでトラックの往来もなし。

轍が気になる程度です。

       danger     danger    danger

そんなこんなで一丁平でおやつ休憩。

「ここには、夏の終わりだったか秋にいつも来るんだ」

「何しに」と訊かれたけど花の名前が思い出せない。

のど元までも出てこない。

「何色、どんな花、葉は」

頭に全く浮かびません。

きれいさっぱり忘れてる。もうネジがさび付いてバカになってます。

家に帰ってブログを調べたらセンブリでした。

      bud        bud      bud

ミヤマシキミがつぼみをつけてましたが開花はもう少し先の様子。

あれだったら咲いてるかな。

もみじ台の北側巻き道を通って山頂はパスして薬王院にお参り。

男坂であれを見たことがあるから108段の階段を降りてみよう。


Img_1887

よかった、咲いててくれて。

崖にヤマルリソウが点在して咲いてます。

「こっちにもっといいのが」

20〜30株はあったでしょうか。

お二人とも初めてだったようで喜んでいただけました。

でも花を見てすぐに「ワスレナグサと同じ属」

とおっしゃってたので安易に「そうでしょう」

ムラサキ科ではあるんですがルリソウ科。

日本の固有種で学名にもjaponicaとついてます。

ワスレナグサはワスレナグサ属でした。


« うれしいな・スミレがいっぱい@高尾山・日影林道 | トップページ | ようやく出版「黒島の女たち」・鹿児島県黒島に惹かれた夫と妻の記録 »

八王子市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うれしいな・スミレがいっぱい@高尾山・日影林道 | トップページ | ようやく出版「黒島の女たち」・鹿児島県黒島に惹かれた夫と妻の記録 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31