フォト
無料ブログはココログ

« 桜じゃないけどフサザクラ@植物多様性センター | トップページ | ハナネコノメは早くも満開@行ってきました高尾山・日影沢 »

2017年3月12日 (日)

うまいけど、これが限界?セレッソ柿谷@マチダのJ

やっぱりACL出場チームが今年も上位を占めるのでしょうか。

それ以外のチームでマチダさんが注目したのはセレッソ。

でも怖さのない柿谷に苦言。

     shoe    shoe     shoe


浦和は相変わらず失点していますね。完封したら大ニュースになります。

俊輔さすが。

cancercancer


さて今回は清武J復帰初戦のC大阪に注目しました。


札幌1-1C大阪 清武テーストがまだ浸透していないようです。

どこにいても、何をしても清武、になっていません。

本人も模索しているのでしょう。

唸るようなパスも少ないし、シュートに至っては、決定的チャンスを3回も外しているのですから今一つしっくり来ていないと言えます。

これは呼吸の問題で、当然彼主体のチーム作りになっていくはずですから、時間が必要かもしれません。

メンツを見れば蛍がいて助っ人のソウザ、ヨニッチが今のところ役に立っています。

歯車さえ合えば、面白くなるはずです。

piscespisces

ただねえ柿谷が…。

ボールを使ったプレーは確かにうまい。

けれどゲームをしていません。つまり以前と同じプレースタイル。

シルクタッチのトラップは見せても、その先がない。

相手と競りながら強引に1歩前へ出れば置き去りにできるのに、引き技でかわして持とうとする。

だから囲まれてせっかくのシュートコースも自ら消してしまっています。

背番号9がシュート0ですから。

脇に徹したのかもしれませんが清武を生かしていたとも思えません。

相手からすれば個々のプレーはうまいけれど怖くないんです。

ここまでの選手で終わってしまいそうです。

清武とのコンビネーションが合い出したら変身できるのか疑問です。

チームはタレント豊かな選手がいるし面白い存在になるはずなのに。

scorpiusscorpius

札幌の都倉。このチームにフィットしたのかも。

身体能力はあるし嫌がられるな選手になっています。

notenote

※なでしこ。何とも前途多難。

ゲームを見ることにかけては天才的な澤がいなくなって、迷路にはまっています。

どうやって閉塞感を打破するのでしょうか。

先の試合を見る限り必死に戦ってはいました。

しかし死に物狂いじゃあありません。

先輩なでしこたちが世界一に駆け上がったのは死ぬ気のプレーが原動力でした。

当時のビデオから何を感じ取っているのか。

現役なでしこたちにはボールを奪うためのスライディングタックルがありません。

もう一度強豪となるための原点です。

そうして得たマイボールからパスサッカーを組み立てればいいものを。

華麗よりも先ず泥臭さです。

                                     マチダ

« 桜じゃないけどフサザクラ@植物多様性センター | トップページ | ハナネコノメは早くも満開@行ってきました高尾山・日影沢 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜じゃないけどフサザクラ@植物多様性センター | トップページ | ハナネコノメは早くも満開@行ってきました高尾山・日影沢 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30