フォト
無料ブログはココログ

« ヤマルリソウに喜んでもらった@高尾山・一丁平〜ケーブル駅 | トップページ | お待たせ!カタクリ咲いたよ@神代植物公園 »

2017年3月16日 (木)

ようやく出版「黒島の女たち」・鹿児島県黒島に惹かれた夫と妻の記録

黒島といってもほとんどの人は知らないですね。

鹿児島港からフェリーで約6時間。人口は200人に満たない小さな島だ。

映画監督の夫は、この島にひかれ命を削ってまでのめり込んでいった。

妻は夫の残した記録をもとに自費出版の書籍を作った。

リレーで黒島に出会った2人になにがあったのか。

著者の城戸久枝さんは、黒島にとりつかれた2人をたどっていくことで「戦争の記憶を語り継ぐ」大切なものに気づかされていく。

51lnzz5nqrl_sx344_bo1204203200_

タイトルは「黒島の女たち 特攻隊を語り継ぐこと」(文藝春秋)となっているが、

普通の主婦だった小林ちえみが夫・小林広司の遺志が乗り移って出版にこぎつけ、

その後も黒島の人たちとの交流を続けていく後半にこそ狙いがある。

城戸さんはちえみのことを

「いまはもう、彼女は『黒島の女』となっている」

と見ている。

ちえみを駆り立てたものに城戸さんが迫っていく。

pencil pencil pencil


「ペコロス」に続いて自費出版本が映画に・・「黒島を忘れない」・その1

えらい!無一文で夫の遺稿を出版・・「黒島を忘れない」・その2

孤絶の島に特攻機が不時着・・今秋撮影開始の映画「黒島を忘れない」・その3

来年はちえみちゃんが時の人ーーかも・「黒島を忘れない」映画化に次いでノンフィクションも・その4

        pen       pen      pen

ちえみちゃんが自費出版にこぎつけるまでと、小林広司さんがドキュメント「黒島を忘れない」を撮影する中で黒島にのめり込んでいったことは、4回にわたって紹介しました。


ドキュメントに接した城戸さんはまた黒島を探る旅に出る。

孤島に起こった戦争。

そのことを島の人々は長い間、語ってこなかった。

マスコミによって報道されたのは実に77年(昭和52)だった。

読売新聞によって黒島と特攻隊員の交流が知られることになった。

後にこれを知った広司さんは島に渡ってドキュメンタリーを制作。

04年8月15日にフジテレビで放送されたことで仕事は終わりのはずだった。

だが彼は部屋にこもって黒島の物語の執筆に没頭していく。

残された黒島の記録、ちえみには出版なんて考えは毛頭なかった。

城戸さんはちえみへの取材を重ねる中で自問自答していく。

戦争の記憶を語り継ぐとはどういうことかと。

そのことへの「架け橋」。

「自らの命を削って島に向き合い続けた広司と、広司を看取ったあと、経済的に困窮してまで、黒島の記憶を残そうとしたちえみ−−。

二人はまさに、そのような存在だった」

「黒島の物語を語る彼女の言葉には不思議なほど説得力があった。そして、愛にあふれていた」

       rain      cloud      sun

苦労なんてなんでもないさ、貧乏なんてへっちゃらよ。

天性の明るさを備えたちえみの飾らない言葉の一つ一つに城戸さんも惹かれていったのだろう。

だからこのノンフィクションには過酷な体験はあったにせよ悲惨さは登場してこない。

城戸さんの父親は元中国残留孤児。

父親への思いは「あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅」として出版された。

孤島に起こった「あの戦争」の別の側面にのめり込んでいった夫と妻。

そこには「悲惨さ」や「英雄視」とは違った「あの戦争」が確かに存在した。

城戸さんもまた「黒島の女」になりつつあるのかもしれない。


       pc       pc        pc

「黒島を忘れない」の映画化は仕切り直し中みたいです。

お金がかかりますからね。

« ヤマルリソウに喜んでもらった@高尾山・一丁平〜ケーブル駅 | トップページ | お待たせ!カタクリ咲いたよ@神代植物公園 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

本を読んで頂き、Blog書評を書いてくださって
ありがとうございます。
貧乏なんて、へっちゃらさ!と、
気張っていかなければなりませんね。
自分で蒔いた種なので。
あとで、笑い話にするためにも、踏ん張っていきます。
お忙しい日々でしょうが、季節の変わり目
ご自愛下さい。どうもありがとうございます(^-^)/

ちえみちゃん。

城戸さんはうまく考えて構成されてて、場面が効果的に切り替わって次々にページをめくりたくなります。

さすがです。

ただいま介護がピーク状態。

母親は40キロもないのにベッドに運ぶだけでも一苦労。

デイサービスの人たちには頭がさがるばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマルリソウに喜んでもらった@高尾山・一丁平〜ケーブル駅 | トップページ | お待たせ!カタクリ咲いたよ@神代植物公園 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31