フォト
無料ブログはココログ

« 実を売ると罰せられるよ・シキミの花@神代植物公園 | トップページ | キクザキイチゲもザゼンソウも・春は駆け足で@野川公園 »

2017年2月17日 (金)

ミチノクフクジュソウとフクジュソウ、色が異なるよ@植物多様性センター

フクジュソウは葉が茂ってきてそろそろおしまい。

ミチノクフクジュソウは、まだどんどん新しい花が出てきます。

フクジュソウはただ1種じゃなくて4種に分類されるんです。

ここにはフクジュソウとミチノクフクジュソウがあるんですが、そう言われりゃ花の色が異なります。

じっくり見てみましょう。

Img_1385

ミチノクです。

フクジュソウは下に掲載してますが、こちらの色はレモンイエロー。

花の開き方にも注目。

平開してます。ひらったいでしょ。

そう言われたって同じに見えるけどとお疑いですか。


Img_1386

それでは決定的な違いを。

ミチノクを横から見てみましょう。

花弁の裏が赤みを帯びてます。

花弁の後ろにくっついてるガク片が花弁より明らかに短い。

フクジュソウよりも花期が遅いんですが、地域差がありますよね。

もっとはっきりしてるのは茎が中空なんです。

そう言われても折るわけにもいかないし、まだ確かめたことはありません。


Img_1387

フクジュソウ。

オレンジがかった黄色でしょ。

咲き方も平開というよりも立ってます。

        tulip    tulip     tulip

他にキタミフクジュソウとシコクフクジュソウがあります。

以前フクジュソウは1種と考えられてきたが、約30年前に4種に分ける見方が提唱された。

現在では4種が多くの学者に支持されている。

いずれも北海道東部と四国、九州の一部にしか分布してません。

キタミは葉の裏に毛が密生。1つの茎に花は1つ。

ガク片は花弁よりも長い。

シコクは葉の裏は無毛。花弁の先に黒紫色の線が見られることが多い

フクジュソウとミチノクは全国に分布してますが、これで見分けることができますね。

Img_1392

ミチノクはタネで増えていくので、このように点々と生えてきます。

フクジュソウは主に根茎から芽を出すので、1株がまとまって咲いてます。

私の記憶ではミチノクはまだまだいっぱい花が出てきて一面がレモンイエローに染まります。

« 実を売ると罰せられるよ・シキミの花@神代植物公園 | トップページ | キクザキイチゲもザゼンソウも・春は駆け足で@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実を売ると罰せられるよ・シキミの花@神代植物公園 | トップページ | キクザキイチゲもザゼンソウも・春は駆け足で@野川公園 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31