フォト
無料ブログはココログ

« マンサクが満開@武蔵野公園 | トップページ | 実を売ると罰せられるよ・シキミの花@神代植物公園 »

2017年2月15日 (水)

さ霧、小百合の「さ」って何さ・ということでアマゾンユリ@神代植物公園

♫ さ霧消ゆる 湊江(みなとえ)の 舟に白し 朝の霜

ラジオから唱歌が流れてきた。何て曲だっけ。

「冬景色」だそうです。

曲名はわかったけどさ霧の「さ」の意味は。

小学校で習ったけど、考えたことなかったなあ。

Img_1291

語調を整えるのに使う。「ー迷う」(岩波国語辞典)

他に「ー百合」「ー牡鹿」「ー走る」などの例がある。

特に意味はないようですなあ。

小百合も小さい百合じゃなくてユリ一般を指すのか。


言い添えますと、五月の「さ」は「神稲、稲を植える月の意味」(岩波古語辞典)

早乙女、五月雨なんかが同じです。


理屈っぽく前振りがありましてアマゾンユリ。

ヒガンバナ科です。

春の花がなかなか咲いてくれないんです。

なので温室に助けを求めました。


Img_1335

植物会館では中国春蘭の展示。

日本のシュンランと異なるのは強い芳香があること。

ありゃりゃ、またしても確かめてこなかったなあ。

山野草園のシュンランはどうなってるかな。

まだ下の方は枯葉に覆われてますが、つぼみが上がってきている株もありました。

あとどのくらいかなあ。

      tulip     tulip      tulip

節分から約10日も遅れて植物多様性センターのセツブンソウのつぼみが上がってきました。

週末には開いてるでしょう。

「まだ咲かないの。盗まれたんじゃないの」

「枯葉の下に芽が出てます」

なんて会話を職員さんとしたばかり。

無事に咲きそうでよかった、よかった。

どうも雨が少なくて乾燥していたのが遅れの原因のようです。

野川公園なんかはもう終わりが近づいてるというのにね。


« マンサクが満開@武蔵野公園 | トップページ | 実を売ると罰せられるよ・シキミの花@神代植物公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マンサクが満開@武蔵野公園 | トップページ | 実を売ると罰せられるよ・シキミの花@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30