フォト
無料ブログはココログ

« 実験・フクジュソウが開くのは温度か日光か@植物多様性センター | トップページ | 花はまだまだだけどフデリンドウの芽生え@野川公園 »

2017年1月25日 (水)

白菜キムチとハナナ@神代植物公園

菜の花が咲いてますよ。1、2本だけだけど。

Img_0933

菜の花はアブラナ科アブラナ属の植物の総称。

カラシナ、タカナ、カブ、野沢菜、キャベツ、変わったとこじゃブロッコリーなんかもアブラナ科。

みんな黄色い花をつけるんだろうか。

これは一応、ハナナ(花菜)でしょうな。

観賞用のは切り花に向くように、あまり分枝しない。

ちりめん白菜を改良したんだって。

白菜といやあキムチだね。花より団子です。

でも朝鮮で白菜キムチが作られたのは19世紀の初め。

意外に新しいんです。ちょっとびっくり。

というのも結球する白菜が中国から伝わったのがそのころなんです。

日本も結球するする白菜を作るのは大変だったようです。

唐辛子が朝鮮に伝わったのも16世紀と、そんなに古くない。

秀吉の朝鮮出兵時に寒さ対策で持って行ったのがきっかけとも言われてます。

それまでのキムチは山椒なんかで辛みをつけてたみたいです。

      pencil     pencil    pencil

さらに脱線。

「菜の花や月は東に日は西に」の菜の花はアブラナ。

「菜の花畑に入り陽薄れ」はセイヨウアブラナ。

セイヨウアブラナが明治以降に入ってきてから従来からのアブラナはほとんど栽培されなくなった。

なので小学唱歌は明治以降なのでセイヨウアブラナというわけです。

Img_0931

クリスマスローズがあちこちで咲き始めてます。

これはニゲル。

他に花が少ないのでつい取り上げますが、特に気に入ってるわけではありません。


« 実験・フクジュソウが開くのは温度か日光か@植物多様性センター | トップページ | 花はまだまだだけどフデリンドウの芽生え@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実験・フクジュソウが開くのは温度か日光か@植物多様性センター | トップページ | 花はまだまだだけどフデリンドウの芽生え@野川公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30