フォト
無料ブログはココログ

« 吉良邸はなぜ本所に移されたのか@地下鉄の地上を歩く会の番外編その2 | トップページ | 宝井其角と大高源吾・赤穂浪士の引き揚げ路をたどる@地下鉄の地上を歩く会の番外編その3 »

2017年1月18日 (水)

セツブンソウは十数輪&姿見せないリュウキュウサンショウクイ@野川公園

自然観察園の入り口で、おばちゃんが「サンショウクイ(狙い)ですか?」

「いえ違います」

「池のそばで見たわよ。繁みの奥だったんで暗くてよく見えなかったけど、見たのは私だけみたい」

「時間がないので帰るけど、すぐに行けば見られるかも」

おばちゃん興奮してます。

カメラを手にしてなくて双眼鏡だけ。バードウオッチャーさんのようです。

すぐに行ったけど、見当たらなかったなあ。

相変わらずバーダーさんが木道を行ったり来たりしてリュウキュウサンショウクイを探してます。

1時間くらいバーダーさんの様子をうかがってましたがあらわれなかったみたい。

前日は午後3時頃に姿を見せて一斉にバーダーさんが集まって40人くらいもいたとか。

あたしゃあきらめてセツブンソウ観察。

Img_0875

カタクリ山は十数輪が開花。

順調です。

ひょうたん池の北側は2、3輪。

ずっと東側奥はまだつぼみ。

週末は天気も回復するので春の息吹を感じるにはちょうど良いでしょう。


Img_0876

池でコサギが餌をあさってました。

脚で泥をかき回して小魚なんかを追い出す仕草がかわいいんだよね。


Img_0887

野川の岸に見慣れない鳥が。

バーダーさんが追いかけ始めたのでついていく。

「なんて鳥ですか?」

「ホシゴイ。ゴイサギの幼鳥」

へええ親鳥とは羽が全く違うんだ。

でも頭部を見ればゴイサギだな。

親は1カ所にじっと止まってるけど子供はせわしない。

羽に星の模様があるのでホシゴイ。

去年生まれた子なんでしょうね。


« 吉良邸はなぜ本所に移されたのか@地下鉄の地上を歩く会の番外編その2 | トップページ | 宝井其角と大高源吾・赤穂浪士の引き揚げ路をたどる@地下鉄の地上を歩く会の番外編その3 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

セツブンソウ、順調に開花していますね。
日曜日、この冬一番の冷え込みで気温が氷点下となったので、
シモバシラが見れるかと思い行ってきました。
思ったより気温が低くなかったのと、地面が乾燥しているためか、
4株ほど出ていましたが、小さいものでした。
セツブンソウも開花しているのは2、3輪でした。
観察センターの橋を渡った南側にロウバイが50本ほど植わって
いるのを見つけましたよ。

芙蓉粋人さん。

寒いのにご苦労様。

自然観察園はリュウキュウサンショウクイ目当ての人たちで大にぎわい。

バッチリ写真を撮った方もいるようです。

いつか出会わないかなあ。

今日、セツブンソウ見てきました♡
散歩人さんの情報のお蔭で、丁度の見頃が見られましたよ。無事に春が来る事を教えてくれる可憐なセツブンソウ、心がウキウキです。いつもありがとうございます。

行った時、バーダーさん方が集まっていて小さな鳥がパタパタ飛んだら歓声があがったので、あの鳥がリュウキュウサンショウクイなのかもしれませんね。

勝手にリンクさせて頂きましたご容赦を。

通りすがりのおばちゃん。

早速ブログにアップしてますね。

さらに開花が進んだみたいです。

バーダーさん、いっぱいいますね。私はまだリュウキュウサンショウクイの姿を見てません。

いつか見られるかなあ。

自然観察園にはクラフトワークのボランティアさんもいて毎月何かを作ってます。

参加者は10人くらいで女性が多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉良邸はなぜ本所に移されたのか@地下鉄の地上を歩く会の番外編その2 | トップページ | 宝井其角と大高源吾・赤穂浪士の引き揚げ路をたどる@地下鉄の地上を歩く会の番外編その3 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30